日本銀行について

ホーム > 日本銀行について > 調達関連情報 > 電子入札システム

電子入札システム

重要なお知らせ

2014年2月3日(月)より、日本銀行電子入札システムは新しくなっています。

登録番号の桁数について

電子入札システムに入力する「登録番号」は、8桁です(旧システムの10桁から8桁に変更)。旧システムにおいて10桁の登録番号で既に登録済みの方が、ICカードを追加調達し、新たに利用者登録を行う際には、以下の番号変換ルールにて、8桁の新登録番号を入力してください。
登録番号の桁数変換事例画像

ログインについて

旧システムを利用していた方についても、現行システムにログインするには、次の作業が必要です。

  1. (1)現行システムのURLをJavaポリシーに設定
  2. (2)信頼済みサイトの登録

事前準備マニュアルをご覧のうえ、作業を行ってください。

表 事前準備マニュアル
日本銀行入札情報システム ログインページ
(フリーアクセス・ICカード不要)
公募中の入札案件(工事/物品・役務)を閲覧するシステムです。
日本銀行電子入札システム ログインページ
(ICカード利用)
入札情報システムに登録された入札案件について、入札を行うシステムです。

日本銀行電子入札システムは、入札案件情報を閲覧する「入札情報システム」と、入札事務を行う「電子入札システム」で構成され、更に両システムは、入札案件の種類に応じてそれぞれ「工事システム」、「物品・役務システム」に分かれます。入札案件は、以下のとおり、いずれかの区分に応じて登録されますので、該当するシステムを選んでログインしてください。

「工事システム」
:各種不動産関連工事、設計・監理業務等(不動産関連の設備保守、コンサルティング業務が含まれる場合もあります)。
「物品・役務システム」
:物品調達(借入、製作等を含む)、印刷、役務サービス等の業務委託、ハードウェア、ソフトウェア、システム開発等。

「工事システム」と「物品・役務システム」は、電子入札の基本的な仕組みは同じですが、入力方法や表示等に若干の違いがありますので、ご注意ください。詳しくは、各マニュアルをご覧ください。

電子入札に参加するには

マニュアルなど

運行時間

入札情報システム
6:00~23:00(土日、祝祭日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
電子入札システム
8:00~20:00(土日、祝祭日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

ただし、システム障害および照会への対応は、ヘルプデスクに記載の受付時間となりますので、ご留意ください。

ヘルプデスク

電子入札ヘルプデスク

Tel
0570-011-311
E-mail
contact-supercals-ep@cs.jp.fujitsu.com
受付時間
9:00~18:00(土日、祝祭日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

日本銀行電子入札事務局(文書局事務企画グループ)

Tel
03-3664-4330
E-mail
ebid@boj.or.jp
受付時間
9:00~12:00、13:00~17:30(土日、祝祭日および年末年始(12月29日~1月3日)を除く)
  • お問合せ前には、必ず「よくある質問と回答」をお読みください。
  • 入札案件の内容については、入札案件公募文に記載の各担当窓口までお問合せください。
  • ICカードに関しては、各認証局(JACICのホームページにリンク)までお問合せください。

お知らせ

2017年3月13日
電子入札システムの動作環境にJRE8 Update91、101、111を追加しました(詳細は「ご利用までの流れ」または「電子入札システム動作環境」を参照ください)。また、JRE8 Update111を追加する場合における対応手順を「事前準備マニュアル」5.に追加しました。
2016年6月14日
Windows10を電子入札システムのサポート対象として追加しました。詳細は、「電子入札システム動作環境」をご覧下さい。
2016年5月31日
2014年度分のレベルアップに伴う画面変更等を「電子入札システム(工事)操作マニュアル」および「電子入札システム(物品・役務)操作マニュアル」に反映しました。また、「事前準備マニュアル」の「別紙1 動作環境について」を「電子入札システム動作環境」として抜粋しました。
2015年12月29日
電子入札システムの動作環境に、Windows8およびJRE8.0等を追加しました(詳細は、「事前準備マニュアル」に記載の「別紙1 動作環境について」を参照ください)。
なお、Microsoft社より、2016年1月12日以降、各OSで利用できる最新バージョンのInternet Explorerのみがサポート対象となる旨公表されております。Microsoft社のサポート終了後も、電子入札システムの動作環境の範囲内であれば、日本銀行電子入札システムをご利用になれますが、動作環境の範囲内におけるInternet Explorerの最新バージョンにアップグレードされることを推奨します。
2015年7月31日
電子入札システムは、平成27年7月29日よりMicrosoft社から提供されたWindows10について、現在サポート対象外としております。
電子入札システムをご利用のクライアント端末では、Windows10へのアップグレードをお控えいただき、サポート環境の範囲内でご利用ください。
2014年10月23日
SSL3.0の脆弱性について
インターネット通信で使用する暗号化方式SSL3.0の脆弱性が発見され、注意喚起がなされています。日本銀行電子入札システムでは、SSLの次バージョンであるTLSに対応していますので、SSL3.0を無効化し、TLSを使用していただくことを推奨します。具体的な操作方法は「Internet Explorer の設定方法」[PDF 95KB]をご覧ください。
2014年5月30日
Microsoft社のサポート終了に伴い、WindowsXP、Windows7SP無しおよびJRE6を、日本銀行電子入札システムの推奨クライアント環境から除外するとともに、Windows8.1を推奨クライアント環境に追加しました。
2014年1月21日
日本銀行電子入札システムは、2014年2月3日以降の公募案件から、新システムに切り替わります。