ページの先頭です。

【一般職】大阪支店 K.K. さん

信頼される秘書を目指して

K.K. さん

一般職
大阪支店 文書課 総務グループ

日銀固有の業務に携わって

大阪支店に入行後、最初は発券課で銀行券の真偽鑑定・枚数計査を行う鑑査業務を担当し、銀行員としての基礎を学びました。次に配属された営業課では、金融機関が日本銀行に差し入れる担保の適格性を判定する「信用判定」、四半期に一度公表している「短観」の作成、「対外広報」などを担当しました。その後、業務課に配属され、金融機関との各種取引の開始・廃止に係る事務を担当したほか、災害発生時の業務継続対応の検討等を行うBCP事務局も担当しました。

こうした経験を通じて、本行固有の様々な業務に携わり、中央銀行としての役割や業務について知識を深めることができました。

経験を活かしつつ、新しい分野へ

現在は支店長秘書として、支店長のスケジュールの調整や管理を行い、支店長の仕事がスムーズに進むようサポートをしています。行内の様々な部署との関わりも多いため、これまでの各部署での経験も活かされていると感じています。

秘書の仕事はスケジュール調整・管理、来客対応、外部会合のセッティングなど多岐にわたります。出勤してからは、まずメールチェック、1日のスケジュールと仕事の段取りを確認します。支店長が1日を気持ちよくスタートできるようオフィス環境を整えることも秘書の仕事の1つです。支店長の出勤後、その日のスケジュールの打合せを行いますが、コンパクトに必要な情報が伝えられるように工夫しています。その後は支店長の予定に合わせ、外出や会議に向けた準備、来客がある場合はお客様のご案内、呈茶、お見送り等の対応をしています。このほか、電話やメール対応、郵便物の処理、関係部署への連絡事項の伝達を行っていますが、時限性や重要度を考慮し、何を優先すべきかを考えながら柔軟に対応することを心掛けています。

また、秘書は外部の方と接する機会がたくさんあり、相手方とファーストコンタクトをとる自分の対応が支店長の印象、ひいては日本銀行の印象にも繋がりかねません。そのため、電話や来客時の対応にも緊張感がありますが、相手方と支店長の架け橋となれるよう適切な対応に努めています。

組織全体で支店長をサポート

支店長からの指示は多岐に亘ります。指示を受けた秘書は、速やかに担当部署に内容を伝達して、対応を依頼していきます。逆に、支店長の対応や判断が必要となった場合は、担当部署からの情報を正確かつ迅速に支店長に伝え、指示を仰ぎます。このように、秘書は、組織全体で支店長をサポートして支店を機能させる体制を作るうえで、非常に重要なパイプ役としての役割を担っています。今後も、コミュニケーション能力、判断力等を高め、秘書の立場から支店機能を支えていけるよう取り組んでいきたいと思います。

K.K. さんのあゆみ

2007年4月 大阪支店入行 発券課
2008年5月 大阪支店 営業課
2012年5月 大阪支店 業務課
2014年10月 業務局 統括課
2015年12月 大阪支店 業務課
2016年11月 大阪支店 文書課

行員紹介 次ページへ

  • Prev
  • Next

行員紹介 他の職種へ

  • 行員紹介 総合職一覧へ
  • 行員紹介 特定職 業務分野特定タイプ 一覧へ
  • 行員紹介 特定職 専門分野特定タイプ 一覧へ

ページの先頭へもどる