ページの先頭です。

【一般職】福岡支店 M.K. さん

支店長秘書として信頼される存在を目指して

M.K. さん

一般職
福岡支店 文書課

中央銀行業務を最前線で経験

入行してまず初めに発券課に配属となり、銀行券の真偽鑑定・枚数計査を行う鑑査事務や金融機関との現金受払いを行う出納事務、損傷した現金の引換事務等を担当し、「発券銀行」としての業務に携わりました。

その後配属された業務課では、「銀行の銀行」として日銀ネットを通じた金融機関との資金決済や、「政府の銀行」としての国庫金の受払い、送金・振込に関する事務に携わりました。

このように、日本銀行の3つの役割と言われる「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」の業務に携わる中で、中央銀行員としての実務知識を習得することができました。また、チームで仕事を進める際のコミュニケーションの大切さを実感するようになりました。

「正確であること」と「柔軟であること」を意識

現在は文書課に所属し、支店長秘書として、スケジュール調整・管理を中心とした支店長のサポートを担当しています。

一日の仕事は、まずスケジュール確認から始まります。支店長の出勤後は、その日のスケジュールの打合せを行います。この時、支店長がスムーズに仕事に取り掛かれるよう、必要な情報を簡潔かつ正確に伝えられるよう心掛けています。

その後は、支店長の予定に合わせて対応していきます。来客がある日はお客様のご案内、会議や講演の前には資料の準備等を行います。この他、会食や面談の日程調整やセッティング、電話・メールの対応、出張の準備、郵便物の処理、書類や名刺の整理など、秘書の仕事は多岐にわたっています。そのため、対応の漏れや誤りがないよう気を配ることに加え、優先順位を見極め、状況に応じて柔軟に対応することが日々の課題となっています。

また、秘書の仕事は、行内だけでなく外部の方々と接する機会も多くあります。秘書の対応が支店長をはじめ日本銀行の第一印象につながると思うと、日々身が引き締まる思いですが、相手の方の目線に立って物事を考え、分かりやすく丁寧な対応を心掛けています。

チームで支店長を支える

秘書の仕事は、ひとりで行う仕事が多いと感じられるかも知れませんが、実際には、多くの方々との連携や協力があって成り立っています。

急な予定変更や異例案件が発生し、自分だけでは判断が難しいこともありますが、速やかに周囲に相談して、適切に対応できるよう心掛けています。多くの経験や知識のある上司や先輩の存在はとても心強く、私自身も経験を積み重ねて判断力を身に付けていく必要性を強く感じています。

また、支店長と各部署との間の日程調整や連絡事項の取り次ぎを行う秘書の仕事では、これまで各部署で培ってきた経験や人間関係が活きていると感じます。行内外の多くの方々と連携しながら準備を進めてきたイベントが滞りなく終えられた時は、充実感とやりがいを感じます。

今後は、周囲とのコミュニケーションを大切にし、一つ一つの事務を正確に、かつ柔軟に取り組み、信頼できる秘書となれるよう努めていきたいと思います。

M.K. さんのあゆみ

2011年4月 福岡支店入行 発券課
2013年2月 福岡支店 業務課
2018年5月 福岡支店 文書課

ページの先頭へもどる