ページの先頭です。

【一般職】政策委員会室 N.A. さん

人とのつながりが自分を成長させてくれる

N.A. さん

一般職
政策委員会室 総務課

緊張感の中にも笑顔を絶やさないように

私は現在、役員秘書をしています。役員のスケジュール調整や管理、来客の接遇、メールや電話の対応、書類の作成・整理などが主な仕事です。役員には行内の会議や打合せ、外部の方との面談などが数多くあり、日々、こうしたスケジュールの調整を行っています。来客時には、入館手続きの事前連絡や当日のご案内、呈茶などの対応をしています。このほか、出張時の手続きや名刺の管理などの業務も秘書の役割です。

役員秘書は、役員当人のみならず、行内外の幅広い方々ともコミュニケーションをとりますが、そうした方々の意図や考えをくみ取りながら、事務を進めていくことが大切だと考えています。例えば、スケジュール調整の際には、前後の予定や繁忙度などを勘案しつつ、役員がいかにスムーズにストレスなく仕事を進められるかを意識しながら行っています。来客対応時には、お客様が安心して過ごして頂けるよう、積極的なお声掛けをしています。また、周りの方々に気持ちよく仕事をしてもらうために、常に笑顔で接するよう心掛けています。

直接役員と関わるため常に緊張感のある仕事ではありますが、その分、重要な局面をサポートすることができていると感じています。金融政策決定会合や支店長会議などの新聞で目にするような会合の1ピースとして関わることができるということは大きなやりがいです。こういった毎日のひとつひとつの予定が滞りなく進んだという達成感が、より良いサポートをしていきたいというモチベーションに繋がっています。お客様や役員からの「お茶がおいしい」「ありがとう」といった何気ない温かい言葉も私の励みです。

基本があってこその応用

入行1年目、私は文書局の経費支払グループに配属されました。経費支払グループは、本店や支店の様々な経費を処理する部署なので、日本銀行の全体像を見渡すことができました。また、経費支払事務は支払先や金額に誤りがあってはならないため、事務を正確に行う大切さを身体で学ぶことができました。こうした経験は、行内の幅広い部署との調整や、役員の正確なスケジュール管理など、現在の役員秘書の仕事を進めるうえで非常に役立っています。

一方で、秘書業務は、臨機応変な対応も求められる仕事です。人とのコミュニケーションが根底にある仕事であるため、相手の方の考え方やその時の状況によって、適切な対応が変わってくるほか、突然の予定変更や予想外の事態に対応する必要もあります。自分では決められたことを正確にやり遂げる仕事が向いていると思っていましたが、これまでに身につけた基本をベースとし、日々試行錯誤しながら秘書業務を行うことによって、その場の状況に応じて適切な対応をする瞬発力が少しずつ鍛えられてきたように思います。これからも様々な経験を積み、自分自身の幅を広げ、日本銀行に貢献していきたいと考えています。

N.A. さんのあゆみ

2009年4月 文書局入行
経費支払担当
2010年4月 政策委員会室
役員受付担当
2013年7月 政策委員会室
総務課

行員紹介 次ページへ

  • Prev
  • Next

行員紹介 他の職種へ

  • 行員紹介 総合職一覧へ
  • 行員紹介 特定職 業務分野特定タイプ 一覧へ
  • 行員紹介 特定職 専門分野特定タイプ 一覧へ

ページの先頭へもどる