ページの先頭です。

【一般職】文書局 A.M. さん

多種多様な文書局事務を通じて日本銀行を支える

A.M. さん

一般職
文書局 総務課
庶務グループ
(現 政策委員会室 秘書課 秘書グループ)

各部署のニーズに応えつつ正確に事務を進める

現在所属している文書局は、一般の会社で言ういわゆる「総務部」の役割を担っています。各種経費の支払い、設備の維持管理、行内で必要とされる物品の調達、食堂・福利厚生施設などの運営管理、警備など、日本銀行の政策・業務運営を支える幅広い事務を行っています。

入行後、物品調達を担当する部署に配属となり、行内の各部署から請求された物品について内容を精査して、調達する仕事を行いました。ここでは、多くの依頼を漏れなく管理して、期限内に希望どおりの形で提供することを心掛けました。次に配属された経費支払グループでは、外国旅費の支払い事務を担当しました。外国旅費は、海外出張や、留学、海外赴任等の際に支払われますが、行き先や条件の違いにより対応が変わってきます。経費の支払いは、金銭の授受が発生することから、ミスがあってはいけませんので、本行内のルールや過去の事例などから適切な対応方針を検討し、関係者間でしっかり確認をしたうえで対応するといった堅確な事務遂行を心掛けていました。私が常に意識していたのは、周囲とのコミュニケーションです。悩ましい案件などは早いうちに上司や同僚に相談し、大きなミスにつながる前に対処することが堅確な事務遂行に重要だと考えています。

行内外との調整を通じた仕事

次に担当した本店営業所施設グループでは、本店の建物・設備に関する保守のほか、ビル管理の業務委託に関係する事務を担当しました。保守については府中、戸田といった地理的に離れた建物・設備の保守を担当していたため、現地の担当者とこまめに連絡を取り、調整しながら適切に対応することを心掛けていました。また、ビル管理の業務委託は、業者選定の入札、契約、作業の履行確認など一連のプロセスに関与するため、契約金額の支払終了時には無事に契約を全うしたことが確認でき、達成感を感じます。

職場の潤滑油となる局長受付を目指して

こうした経験を経て、現在は、局長受付事務を担当しています。局長受付は、局内外からアポイントの入る局長のスケジュールの調整・管理、外部のお客様の応接などが主な仕事の内容です。スケジュール調整では、局長はもとより、関係する職員が円滑に事務を進められるように配慮した対応が求められるため、これまでの各部署での仕事を通じて得た知識や、人との関わり合いが、現在の仕事に活きていると感じます。また、仕事を円滑に進めるうえでは、職場の風通しの良さも重要な要素です。私も、局長受付として、話しかけやすい存在でいることを意識しながら、日本銀行を支える一員となれるよう努力していきたいと思います。

A.M. さんのあゆみ

2008年4月 文書局入行 物品担当
2009年11月 文書局 経費支払担当
2012年10月 文書局 管財物品調達課
本店営業所施設グループ
2015年10月 文書局 総務課
庶務グループ

行員紹介 次ページへ

  • Prev
  • Next

行員紹介 他の職種へ

  • 行員紹介 総合職一覧へ
  • 行員紹介 特定職 業務分野特定タイプ 一覧へ
  • 行員紹介 特定職 専門分野特定タイプ 一覧へ

ページの先頭へもどる