ページの先頭です。

【一般職】静岡支店 Y.M. さん

くらしに身近なお金に関する知識を広めたい

Y.M. さん

一般職
静岡支店 営業課

外部の方との関係を大切に

現在、私は、静岡支店営業課で、「静岡県金融広報委員会」の事務局を担当しています。静岡県金融広報委員会は、中立・公正な立場から、くらしに役立つ身近なお金に関する知識の普及活動をしています。

仕事の内容は、県民からの依頼を受けて講座に専門家(金融広報アドバイザー)を派遣する講師派遣事務、講演会の開催に関する事務、金融教育を行っている学校へのサポート事務、など多岐にわたります。

仕事の中で最も大切にしていることは、外部の方とのコミュニケーションです。金融広報の仕事は、講座を担当していただく金融広報アドバイザーの方、業務を委託する外部業者の方との打ち合わせを通じて仕事を進めていきます。また、講師派遣を要望する一般の方と電話等でやりとりする機会も多くあります。

電話対応や打ち合わせなどでは、事務局の窓口として第一線で対応することから、相手の立場に立った丁寧な対応を心掛けています。また、自らの対応が事務局と外部の方との関係を左右することを常に意識し、これまでに先輩方が築いてきた関係の維持や、新規に協力いただく学校や公的機関などとの関係の構築に取り組んでいます。これらの仕事は緊張感がありますが、同時に自分の頑張りが相手との信頼関係の強化につながるところにやりがいを感じています。関係先にアプローチを重ね新しい協力関係が生まれたり、講師派遣を紹介した先から新規に派遣依頼をいただいたりすると、とても嬉しく思います。

お金に関する知識を広めるために

私がこの仕事を担当し、まず感じたことは、自分自身がお金に関する知識を十分に持っていなかったということです。社会人になってからは、今後の生活の中で何にいくらかかるのかを踏まえたうえで、お金を管理して使っていかなければなりませんが、自分自身を振り返ってもライフイベントに直面するまでは真剣には考える機会がありませんでした。同時に私と同じような人も世の中にはたくさんいるのではないかという思いが生まれ、お金に関する知識を普及させていくことの重要さに気付きました。

こうした自分自身の経験を踏まえて、講座で話を聞きたいと思ってもらえるようなパンフレットの作成や、学校の金融教育のサポートの仕方などについて工夫しながら事務局としてできることを考えています。また、講座の感想で「お金のことを知ることができて良かった」といったコメントを見るとやりがいを感じます。

今後に向けて

金融広報以外にも支店の仕事は様々ありますが、これまでに身に着けてきた調整力やコミュニケーション力、企画立案力をさらに伸ばしていくことで、どの分野においても組織の力になれるよう努めていきたいと考えています。

Y.M. さんのあゆみ

2011年4月 静岡支店入行 発券課
2013年10月 静岡支店 営業課

行員紹介 次ページへ

  • Prev
  • Next

行員紹介 他の職種へ

  • 行員紹介 総合職一覧へ
  • 行員紹介 特定職 業務分野特定タイプ 一覧へ
  • 行員紹介 特定職 専門分野特定タイプ 一覧へ

ページの先頭へもどる