ページの先頭です。

【特定職(業務分野特定タイプ)】発券局 S.T. さん

発券銀行である日本銀行を支えていく

S.T. さん

特定職 業務分野特定タイプ
発券局 日本橋発券課
運営保管グループ
主査

日本銀行券を流通させるという任務

現在、発券局日本橋発券課(運営保管グループ)で、日本橋本店にある「金庫」に関わる業務──銀行券や貨幣の日々の入出庫、日本銀行各支店への払出、先行きの受払を見越した保管スペースの確保など──を担当しています。

私の所属するグループは、本店の窓口で受払する銀行券や貨幣の管理だけでなく、独立行政法人国立印刷局で製造された銀行券の受け取りや各支店への銀行券・貨幣の配送、さらには外部委託している貨幣の受払や保管状況の管理業務という本店独自の機能も担っているため、仕事内容は多岐にわたります。金庫内では、人や現金が、業務開始から終了までの間、ひっきりなしに動くため、「誰が」「何を」「いつ」「どのように」動かすのか、という計画を立て、それを正確・安全に行うことが今の私の日々の仕事となっています。事前に計画を立てても、状況が変わって変更を迫られることもあります。急な変更が起きても対応できるように、各金庫内の現金の配置、量を常に頭に入れるよう努めています。世の中にお金を滞りなく流通させるという使命を達成するために、目の前の状況に応じて一番効果的な打開策を提案し、関係者に的確に伝えることが私に課される重要な任務の一つです。

本店と支店、総務と現場の経験で広がる視野

発券・業務・営業・文書の4つの系統の中から、私が発券系統を目指すようになったのは、入行後最初に配属された静岡支店で「改刷」という発券系統の一大イベントを経験したことがきっかけとなっています。世の中に新しい銀行券を流通させる、という発券銀行としての日本銀行の責任の大きさを目の当たりにし、微力ではありましたがチームの一員としてその一端を担ったということが強烈な印象として残りました。支店ではその他の系統も経験しましたが、こうした「改刷」の印象、銀行券の信頼を守る最後の番人としての業務、他系統も巻き込んでチームとして仕事をすることなどが私には魅力的に感じられました。

静岡支店から発券局に異動した後は、日本橋発券課と戸田発券課の順で配属になりました。本店ならではの現金の取扱い量の多さや、戸田分館での機械化設備(オートメーション化)に驚きながらも、それぞれの現場で実務をこなしながら事務知識の習得に努めました。その後は総務課(法務・規程グループ)に配属となり、法律や事務の改正等に伴う規程(事務を行う上でのルール)の制定・改廃に携わりました。他局室・他グループとの調整や弁護士への諮問など、新しく経験することも多くありましたが、仕事の根幹となったのは、支店や発券局の「現場」で培った知識や経験でした。例えば、戸田分館におけるシステム障害への対応として新しい規程を制定した際には、障害がいつ起こるかによって影響度合が異なるため、障害発生のパターン分けをしたうえで対応方法を整理する必要があると提案しました。この提案ができたのは「現場」の動きをイメージできたからであり、戸田発券課を含めて数多くの現場で経験を積んできたことが、総務課で仕事をするうえで大いに役立ったと思います。

発券局で本部部署と現場を経験し、約2年半経った頃に京都支店へ配属となりました。同支店では、発券局で得た知識や経験を還元するとともに、職場の中核的役割を担う中で、「正確に事務を処理する」環境づくりに努めました。例えば、東日本大震災の直後に、被災地に近い支店で鑑査しきれない現金(貨幣)を同支店が引き取って鑑査することがありましたが、他店で受け入れた貨幣の鑑査は、同支店では未経験の業務だったため、間違いを起こさないように事前勉強会を開催して課員との情報共有を図りました。また、支店窓口に大量の現金が持ち込まれた際には、間違いなく事務処理が行えるよう、窓口受付や鑑査の人員配置を整えたほか、事後ではありますが、近隣他支店間での応援体制の構築を提案しました。

異動がある度に、「本店だけでは学び得ないこと」「支店業務だけでは経験できなかったこと」を習得し、次の新しい業務に活かせてきたと思っています。また、本支店双方の事務を理解することで自然と視野を広げることができました。こうした業務分野特定職の利点ともいえる部分は、これからの自分の銀行生活の大きな糧になると感じています。

日本銀行券への信用を守る番人として

「日本銀行券」は、日本国内の決済において国民の生活に最も深く浸透している決済手段です。コンビニやスーパーマーケットで何の疑問や心配なく銀行券で決済をする、この一見、あたりまえの光景、安定した世の中の秩序を守る役目を私たち発券局員は担っています。

発券業務は、「日本銀行券を市中に流通させ、戻ってきた銀行券を1枚ずつ偽物が混じっていないか鑑査し、流通させることが適当かどうかを判断して、再び市中に流通させる」という、言葉で説明してしまえば分かり易い業務です。しかし、その中には、例えば火事で焼けてしまった銀行券、震災で海水に長く浸かってしまった銀行券、たんすの中で長期保管して虫に食べられてぼろぼろになってしまった銀行券など、鑑定に困難を要する場合も少なくありません。それでも銀行券1枚ずつ丁寧に鑑査していき、世の中に流通させていくのです。手間と時間、集中力を要する作業が続きますが、これを少しでも怠れば一瞬にして銀行券への信用を失い、安定的な国民生活が揺らぐことになりかねません。

こうした大きな社会的責任を感じながら、私たち発券業務に携わる人間が、銀行券の番人としてその職務を全うすることで、日本銀行券への信用、日本銀行への信頼が保たれていると感じています。

信頼できる仲間とともに

国民の「あたりまえ」の生活を守るためには、世の中の環境変化に対応するとともに、毎日の業務を間違いなく円滑に続ける必要があります。そのためには自分が今できることを最大限に発揮し、足りない部分を共に働く仲間と埋めていくことが不可欠です。常に補い合いながら日々の職務を遂行していく、このチーム力を高めていくことこそが発券業務の醍醐味であり、魅力の一つだと感じています。

S.T. さんのあゆみ

2004年4月 静岡支店入行
発券課 業務課 営業課
2008年11月 発券局
2011年5月 京都支店 発券課
2015年4月 発券局

行員紹介 次ページへ

  • Prev
  • Next

行員紹介 他の職種へ

  • 行員紹介 総合職一覧へ
  • 行員紹介 特定職 専門分野特定タイプ 一覧へ
  • 行員紹介 一般職一覧へ

ページの先頭へもどる