ページの先頭です。

特定職 専門分野特定タイプ

  • 総合職
  • 特定職 業務分野特定タイプ
  • 特定職 専門分野特定タイプ
  • 一般職


 大学院では産業組織論を専攻し、医療制度の影響に関する実証研究を行っていました。日本銀行を志望したのは、学生時代の研究を通じてオープンなデータの価値を痛感したことを踏まえ、統計という社会インフラを支えることで世の中に貢献できる公共性の高い仕事に魅力を感じたためです。

 現在は、財やサービスの価格動向を表す「物価統計」を作成する仕事に携わっています。「価格の調査・集計」というとシンプルに聞こえますが、市場での代表的な商品が刻々と変わっていく中で、品質が異なる商品の価格を適切に比較して統計に反映することは実際は難しく、統計の奥深さを感じさせる作業です。また、業界や商品の動向をしっかり分析しておくことも必要になります。

 自身が作成に関わった統計が金融政策の判断材料にもなるため、責任は重いですが、その分やりがいも大きい仕事だと実感しています。今後も物価統計への知識を深め、精度の高い統計作成に努めていきたいと考えています。


 大学時代は、手続法である民事訴訟法のゼミで、ルールに基づいて争いを解決し、正義や公平さを実現する仕組みを学びました。日本銀行の法律専門職を志望したのは、日本経済をより良くするというパブリックな仕事で法律と関わることができる点に魅力を感じたためです。

 現在は、日本銀行が海外中央銀行等に対して円預金の受入サービス等を提供するに際してのルールづくりや、外国銀行が自らの顧客のために日本国債を預かる業務を開始することについての承認審査などを行っています。どのような仕事においても、根拠となるルールを探し、携わる金融機関への影響なども踏まえて対応する必要があるため、日々躓きながらも、一つ一つ仕事をこなす中で成長とやりがいを実感しています。これからも、上司や諸先輩の指導の下で専門知識の習得に励み、中央銀行員として日本経済に貢献していきたいと考えています。


 大学院では情報工学を専攻し、スマートグリッドと呼ばれる次世代送電網に不可欠な通信ネットワークに関する研究を行っていました。研究を進めていく中で、電力やネットワークのように実社会に無くてはならないインフラに携わる組織で働き、社会を支えたいという思いが強くなりました。日本銀行を志望した理由は、金融インフラを支える組織であり、更にシステムエンジニアという職種で自分の経験と知識を活かせると考えたからです。

 現在は、日本銀行内のネットワークインフラを担う部署に所属しています。日銀ネットに代表される本行の基幹システムや、電子メールなど業務上不可欠なシステムが多数接続する重要なインフラに携わることに、日々大きなやりがいを感じています。今後もシステム技術に関わる知識だけではなく、日本銀行の業務全般に対する理解を深め、より良い金融インフラの構築に貢献していきたいと考えています。


 私は、大学で人間工学を専攻し、脳外科手術で治療する部位を特定するためのシステムの構築について学びました。若手脳外科医の方々の技術力向上を支援できるようなシステムを考えるうちに、システムの技術を活用して多くの人々の生活を支え、貢献する仕事に魅力を感じるようになり、高い信頼性と公共性を有する日本銀行のシステム部門を志望しました。

 現在は、年金や税金といった国の資金の受払いのデータを官庁や会計別に集計のうえ、帳簿や計表を作成するシステムについて、新しい技術を用いて再構築するプロジェクトに携わっています。このシステム開発は、「政府の銀行」としての日本銀行の業務を安定的に遂行するために欠かすことのできないものであり、やりがいはもちろん責任感や使命感を感じることができる仕事です。今後もITの専門性を伸ばして、中央銀行員として社会から求められるようなシステムを実現できるように努力していきたいと思います。

ページの先頭へもどる