ページの先頭です。

特定職 業務分野特定タイプ

  • 総合職
  • 特定職 業務分野特定タイプ
  • 特定職 専門分野特定タイプ
  • 一般職


 大学ではマクロ経済学を専攻し、景気循環論について研究しました。研究を通じて、人々の生活と経済との強い繋がりを実感しました。日本銀行を志望したのは、経済理論と実体経済の両面から調査・分析を行い、金融政策を実行することで日本経済を支えるという公的な使命に惹かれたためです。

 入行後に配属された発券課では、金融機関との銀行券や貨幣の受払事務を正確に処理したほか、受払高に裏付けされた地域の銀行券や貨幣の動きを知ることにより、発券銀行としての重要な使命を肌で感じることができました。現在所属している業務課では、預金為替事務を担当しており、金融機関が持ち込む小切手を審査の上、日銀ネットで資金の引落し処理等を行っています。これは決済システムの根幹を担う仕事の1つであり、日々緊張感を持って取り組んでいます。引き続き諸先輩の知識や考え方を学びながら、中央銀行員として日本経済に貢献できるよう、研鑽を重ねて行きたいと考えています。


 大学在籍時の留学生サポートのボランティア経験を通じ、人を支え、人の役に立つことが好きだと感じました。その中で、公的な立場で日本経済を支える日本銀行の業務、とりわけ、特定の業務分野のエキスパートとなる特定職の仕事に魅力を感じ、入行を決意しました。

 現在は業務課において、日本銀行の取引先である金融機関や国(官庁)との資金決済を様々なシステムを用いて処理する仕事をしています。正確な事務処理が、決済システムの安定や日本銀行に対する信頼に繋がると心に留め、日々緊張感を持って取り組んでいます。私の仕事は外部から見えにくいものですが、陰ながら「金融システムの安定」の一端を担っているという誇りとやりがいを感じています。

 「業務なくして政策なし。」これは、先輩から教えてもらった言葉で、日々の業務を正確に遂行することこそが日本銀行の政策の実行やその信用・信頼に繋がるという意味です。この言葉を胸に、今後も中央銀行員として研鑽を積んでいこうと思います。


 大学では経営学を専攻し、主に企業経営と企業を取り巻く環境変化等について研究していました。そうした中、「国民生活を支える仕事・人の役に立つ仕事」への関心が高まり、「物価の安定」と「金融システムの安定」を目的とする公共性の高さに魅力を感じ、日本銀行を志望しました。

 最初に配属された発券課では、銀行券・貨幣の受払や真偽鑑定などの事務に携わりました。現在は業務課に所属し、国庫金受払事務に携わり、政府小切手の支払いや国庫金の振込を担当しています。来店する顧客への挨拶に始まり、常に緊張感を持って「発券銀行」、「政府の銀行」として1つ1つの取引を正確に処理することの重要性を学びながら、国民生活の基盤となる公的な使命を果たしている実感とやりがいを感じています。今後も、上司・諸先輩からの指導の下、日々の仕事を通じて様々な実務知識を吸収できるよう、積極的な姿勢で自己研鑽に励みたいと考えています。


 大学では、経済活動と地球環境との関係性に関する研究や、陸上部主将として仲間とともに競技に打ち込むことを通じ、「何事も人のために真摯に取り組むこと」の喜びと大切さを学びました。こうした経験を活かせる仕事に就きたいとの思いを抱きつつ就職活動を行う中で、日本銀行の仕事に魅力を感じました。また、実際の面談で会った職員の優れた論理性や柔軟性に憧れを抱いたことも、入行を決意した大きな要因です。

 入行後、配属された発券課においては、銀行券・貨幣の流通、鑑査等、通貨の信認を守る上で重要となる業務を経験し、堅確な事務取扱いの大切さを学びました。現在所属する業務課では、金融機関や政府預金の受払といった決済業務に携わり、経済活動の基盤である決済システムの安定や政府のお金の管理に貢献できるよう取り組んでいます。今後も、諸先輩から指導を受けつつ、日々挑戦の精神と誇りを胸に、日本経済を金融面から支えていきたいと考えています。

ページの先頭へもどる