日本銀行について

ホーム > 日本銀行について > 各種窓口・手続き > 情報公開の窓口・手続き/公文書管理 > 情報公開手数料額について

情報公開手数料額について

日本銀行に対して、開示請求、開示実施申出を行う場合、事前(または同時)に所定の手数料を納付して頂く必要があります。
手数料の額は次のとおりです。手数料の計算方法などについて、ご不明の場合には、日本銀行情報サービス局情報公開窓口(Tel : 代表03-3279-1111)にお問い合せください。

なお、手数料の詳細および手数料の納付方法については、以下をご覧ください。

開示請求手数料

開示請求文書1件につき300円です。

注意事項

開示請求手数料は、原則、開示請求された1文書(1件)あたり300円となりますが、(1)1つのフォルダーにまとめられた複数の文書、(2)相互に密接な関連を有する複数の文書、は1件として計算してください。

開示実施手数料

基本額マイナス300円です。

基本額は開示実施方法により異なります。開示実施方法による手数料の額については、以下の表をご覧ください。

注意事項

  • 基本額が300円以下の場合には無料となります。
    (例)100ページの文書を閲覧する場合(基本額100円)
  • 更なる開示の実施を受ける場合には、「当該開示に係る基本額」に「既に開示を受けた際の基本額」を加えた額から300円を控除した額が開示実施手数料となります。
    (例)最初に100ページの文書(A4版)を閲覧し、更に当該文書の写し(白黒コピー:全ページ)を求める場合
    最初の開示:基本額100円、開示実施手数料は無料
    更なる開示:基本額1,000円、開示実施手数料は800円
  • 1,100円(100円+1,000円)−300円=800円

なお、開示請求書等を受け付けた後に取下げがあった場合には、原則として手数料は返還されないこととなっています。