公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 決済と日本銀行の役割 > 決済システムとは何ですか?

質問決済システムとは何ですか?

教えて!にちぎん

回答

決済手段であるお金の受払や証券の受渡しを円滑に行うためにつくられた仕組みを、一般に決済システムと呼びます。決済システムのうち、お金の受払を行う仕組みを資金決済システム、証券の受渡しを行う仕組みを証券決済システムといいます。こうした仕組みを構成する要素としては、コンピューター・ネットワーク等の物理的なもののほか、決済に関する契約、慣行上のルールや、関係法令が含まれます。

わが国の個別の決済システムのうち、日本銀行が提供するものとして、日本銀行当座預金による決済、国債振替決済制度や国債登録制度があります。また、これらを安全かつ効率的に運営するための仕組みとして、日本銀行金融ネットワークシステム(日銀ネット)があります。

日本銀行以外の主体が運営する決済システムには、例えば、資金の決済に関する制度として、全国銀行内国為替制度手形交換制度外国為替円決済制度があります。また、証券の決済に関する制度として、株式や新株予約権などの決済を行う株式等振替制度、社債や地方債などの決済を行う一般債振替制度などがあります。

なお、「決済システム」という言葉は、個別具体的な決済の仕組みではなく、それらを構成要素とする一国の決済の仕組み全体の総称として用いられる場合もあります。

「教えて!にちぎん」の中の関連質問

参考