公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 決済と日本銀行の役割 > 日本銀行には誰が預金口座を開設していますか?

質問日本銀行には誰が預金口座を開設していますか?

教えて!にちぎん

回答

日本銀行に預金口座を開設している先は、主として金融機関等です。このほか、国、外国の中央銀行や国際機関などが預金口座を開設していますが、個人や一般企業からの預金は受け入れていません。

これは、日本銀行の預り金業務の主な目的が、わが国の中央銀行として、決済システムの円滑かつ安定的な運行を保つことにあるからです。

当座預金取引の相手方の範囲

日本銀行の当座預金取引の相手方は、日本銀行が選定します。その範囲は次のとおりです。

  1. (1)資金決済の主要な担い手(銀行、信用金庫、外国銀行支店、協同組織金融機関の中央機関、銀行協会など)
  2. (2)証券決済の主要な担い手(金融商品取引業者<証券会社、外国証券会社>、証券金融会社など)
  3. (3)短期金融市場取引の主要な仲介者(短資会社)

なお、現在、個別の信用協同組合、労働金庫、農業協同組合などは日本銀行の当座預金取引の相手方となっていません。ちなみに、これらの金融機関は会員のための組織という性格が強く、主要な資金決済手段である為替取引が、業法上、任意事業と位置付けられています。日本銀行は、現在、それぞれの中央機関と当座預金取引を行っています。

関連ページ

日本銀行の当座預金取引の相手方を選定するための基準の詳細については、「日本銀行の当座預金取引または貸出取引の相手方に関する選定基準」をご覧ください。また、日本銀行の当座預金取引の相手方の一覧は、「当座預金取引の相手方一覧 [PDF]」をご覧ください。

「教えて!にちぎん」の中の関連質問