公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 決済と日本銀行の役割 > 日中当座貸越とは何ですか?

質問日中当座貸越とは何ですか?

教えて!にちぎん

回答

日中当座貸越は、予め金融機関等が差し入れた担保の範囲内で行う、当日中の返済を条件とした無利息の当座貸越です。

RTGS(即時グロス決済)のもとでは、資金の受取りと支払いについて、時点ネット決済のように、一定の時点で受払差額の決済を行うのではなく、取引1件毎に決済を行います。このため、資金の受払のタイミングにずれが生じ、日中により多くの決済用の手元資金(流動性)が必要となります。

日本銀行は、こうした一時的な資金負担を軽減するため、2001年(平成13年)の日本銀行当座預金決済および国債決済のRTGS化に合わせて、当座預金取引先である金融機関等に対し、日中当座貸越の提供を開始しました。

参考