日本銀行本店

日本銀行を知る・楽しむ

ホーム > 対外説明・広報 > 日本銀行を知る・楽しむ > 教えて!にちぎん > 物価の安定と金融政策 > 「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」とはどのようなものですか?

ENGLISH

教えて!にちぎん

「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」とはどのようなものですか?

「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」とは、日本銀行が、2016年(平成28年)1月28、29日の政策委員会・金融政策決定会合において導入を決定した政策です。日本銀行は、消費者物価の前年比上昇率2%の「物価安定の目標」をできるだけ早期に実現するため、「量」・「質」・「金利」の3次元で緩和手段を駆使して金融緩和を進めています。具体的な内容は以下の通りです。

(1)「金利」:日銀当座預金におけるマイナス金利の適用

金融機関が保有する日本銀行当座預金の一部に▲0.1%のマイナス金利を適用します。新しい取引によって当座預金が増えることに伴うコストは▲0.1%になる仕組みです。

(2)「量」:金融市場調節方針

量的な金融緩和を推進する観点から、2013年(平成25年)4月に金融市場調節の操作目標を、それまでの無担保コールレート(オーバーナイト物)からマネタリーベースに変更しました。現在はマネタリーベースが、年間約80兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行っています。

(3)「質」:資産買入れ方針

1)様々な期間に応じた金利の全般的な低下を促す観点から、長期国債の保有残高が年間約80兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行っています。

2)資産価格のプレミアムに働きかける観点から、ETF(指数連動型上場投資信託受益権)およびJ-REIT(不動産投資法人投資口)の保有残高が、それぞれ年間約3兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行っています。

3)CP等、社債等について、それぞれ約2.2兆円、約3.2兆円の残高を維持します。

(4)金融政策運営方針:「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の継続

日本銀行は、2%の「物価安定の目標」の実現を目指し、これを安定的に持続するために必要な時点まで、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を継続します。今後とも、経済・物価のリスク要因を点検し、「物価安定の目標」の実現のために必要な場合には、「量」・「質」・「金利」の3つの次元で、追加的な金融緩和措置を講じます。


より詳細な内容は「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入および(参考)本日の決定のポイント(2016年1月29日公表)をご覧ください。

参考

ページ先頭に戻る