公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 日本銀行の紹介 > 教えて!にちぎん > 統計の作成、調査・研究 > 日本銀行ではどのような論文・レポート類を公表していますか?

日本銀行ではどのような論文・レポート類を公表していますか?

教えて!にちぎん

日本銀行では、政策や業務を企画・運営するために、内外の金融経済情勢等に関する様々な調査・分析を行っています。また、金融経済に関する基礎的、学術的な研究も行っています。

こうした活動の主な成果は、各種の論文やレポート類のかたちで公表しています。

例えば、レポート類については、本支店では企業ヒアリングで得られた情報などをもとに、各地域の金融経済概況等を取りまとめ、支店長会議の開催の都度、「地域経済報告(さくらレポート)」として公表しています。また、金融システム、決済システムに関する現状や課題等については、それぞれ「金融システムレポート」、「決済システムレポート」の定期刊行の形で公表しています。

これらのレポート類のほか、金融経済に関する各種のテーマに関する論文を「調査論文」として公表しています。

また、日本銀行職員や学者・実務家による研究成果について内外の研究機関、研究者等有識者の方々から幅広くコメントを頂戴することを意図した「日本銀行ワーキングペーパーシリーズ」や、最近の金融経済の話題について、幅広い読者層を対象に平易かつ簡潔に解説した「日銀レビュー・シリーズ」、金融経済に関心を有する幅広い読者層を対象として最近の金融経済の話題を平易かつ簡潔に解説した「日銀リサーチラボ」を刊行しています。

さらに、金融研究所スタッフおよび外部研究者による研究成果を、「金融研究」、「金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ」等のかたちで内外の専門家向けに発行しています。

これらの論文・レポート類は、いずれも本ホームページで公表しています。また、一部は、印刷物として、本店の情報ルームで無償配布しているほか、書店、政府刊行物サービス・センター等でも販売しています。本ホームページにおける公表物は、「日本銀行レポート・調査論文」、「ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ」、「金融研究所論文」の各ページをご覧ください。