日本銀行本店

広報誌「にちぎん」

ホーム > 対外説明・広報 > 広報誌「にちぎん」

ENGLISH

広報誌「にちぎん」

「にちぎん」は、日本銀行の仕事や歴史、本支店・事務所のネットワークを利用して収集した情報のほか、金融経済に関する分かりやすい解説を提供する対外広報誌(3、6、9、12月の下旬発行)です。全国の日本銀行本支店および貨幣博物館、小樽金融資料館等で入手可能です。

広報誌「にちぎん」は全文をPDFファイル形式で掲載しています。

過去1年間のバックナンバー

「にちぎん」No.44 2015年冬号/2015年12月25日発刊

43号
  • インタビュー/扉を開く
    生活者の視点で需要を創造する 大山健太郎(アイリスグループ会長 アイリスオーヤマ社長)
  • 地域の底力:和歌山県有田郡湯浅町
    古からの歴史を礎に未来を目指す醤油発祥の地 和歌山県湯浅町
  • 対談/守・破・創
    宇宙創成の謎を解明する原動力は「自分は何者か」への探求心
     佐藤勝彦(理学博士・自然科学研究機構 機構長)
     木内登英(日本銀行政策委員会審議委員)

「にちぎん」No.43 2015年秋号/2015年9月25日発刊

43号
  • インタビュー/扉を開く
    自分を生かすための「諦める力」 為末大(元プロ陸上選手)
  • 地域の底力:北海道上川郡東川町
    「写真の町」宣言から歩んだ30年の歳月が北海道東川町の文化と人の心を育てた
  • 対談/守・破・創
    クラシック音楽の魅力を多くの人に伝えたい
     辻井伸行(ピアニスト)
     佐藤健裕(日本銀行政策委員会審議委員)

「にちぎん」No.42 2015年夏号/2015年6月25日発刊

42号
  • インタビュー/扉を開く
    感染症ウイルスから人類を救う 河岡義裕(東京大学医科学研究所教授)
  • 地域の底力:石川県金沢市
    伝統と革新の新たな調和を求めて
  • 対談/守・破・創
    東京パラリンピックが目指す活力ある共生社会
     鳥原光憲(日本障がい者スポーツ協会会長・日本パラリンピック委員会会長・東京ガス相談役)
     石田浩二(日本銀行政策委員会審議委員)

「にちぎん」No.41 2015年春号/2015年3月25日発刊

41号
  • インタビュー/扉を開く
    デザインで心を揺さぶり地域を動かす 名児耶秀美(アッシュコンセプト代表)
  • 地域の底力:長崎県東彼杵郡波佐見町
    庶民の器「波佐見焼」が誘うもやいの心
  • 対談/守・破・創
    一隅を照らす独自のモノづくり
     小飼雅道(マツダ株式会社 代表取締役社長兼 CEO)
     白井さゆり(日本銀行政策委員会審議委員)
ページ先頭に戻る