日本銀行本店

広報誌「にちぎん」

ホーム > 対外説明・広報 > 広報誌「にちぎん」

ENGLISH

広報誌「にちぎん」

「にちぎん」は、日本銀行の仕事や歴史、本支店・事務所のネットワークを利用して収集した情報のほか、金融経済に関する分かりやすい解説を提供する対外広報誌(3、6、9、12月の下旬発行)です。全国の日本銀行本支店および貨幣博物館、小樽金融資料館等で入手可能です。

広報誌「にちぎん」は全文をPDFファイル形式で掲載しています。

過去1年間のバックナンバー

「にちぎん」No.39 2014年秋号/2014年9月25日発刊

39号
  • インタビュー:扉を開く
    「オリジナルな辞書」をもて ―バーチャルな世界を脱し、自ら体験する勇気を ヤマザキマリ(漫画家)
  • 地域の底力:愛媛県今治市
    自立の水軍魂を今に受継ぎ共存を支える
  • 対談/守・破・創
    危機の中から未来を創る
     ハンス・ディートマール・シュヴァイスグート(駐日EU大使<取材当時>)
     中曽宏(日本銀行副総裁)

「にちぎん」No.38 2014年夏号/2014年6月25日発刊

38号
  • インタビュー:扉を開く
    常識の壁を打ち抜く力 ―全日本女子バレー、データを超えた人間力 眞鍋政義(全日本女子バレーボールチーム監督)
  • 地域の底力:秋田県仙北市
    優れた舞台芸術を要に地域とともに歩む劇団「わらび座」
  • 特別記事
    中国のシャドーバンキング 日本銀行北京事務所

「にちぎん」No.37 2014年春号/2014年3月25日発刊

37号
  • インタビュー:扉を開く
    隠れた魅力に光を当て共感を呼ぶ ―「くまモン」に込めたもの 小山薫堂(放送作家・脚本家)
  • 地域の底力:滋賀県近江八幡市
    近江商人の発祥の地、滋賀県近江八幡市に根づいた自立自助のまちづくりと「三方よし」の精神
  • 対談/守・破・創
    完成と思えば成長なし
     青木功(プロゴルファー)
     岩田規久男(日本銀行副総裁)

「にちぎん」No.36 2013年冬号/2013年12月25日発刊

36号
  • インタビュー:扉を開く
    現代社会のさまざまな渋滞を解明する「渋滞学」 西成活裕(東京大学先端科学技術研究センター教授)
  • 地域の底力:宮崎県東諸県郡綾町
    豊かな自然の恵みを巧みに活かしながら時代に先がけるまちづくり
  • 特別インタビュー
    黒田総裁に聞く 黒田東彦(日本銀行総裁)
ページ先頭に戻る