公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2010年 > バーゼル銀行監督委員会による包括的な定量的影響度調査の実施について

バーゼル銀行監督委員会による包括的な定量的影響度調査の実施について

2010年2月18日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会は、以下の文書にかかる規制や提案の影響を評価するため、包括的な定量的影響度調査(QIS:Quantitative Impact Study)を実施します。そのため、2月17日、QISの調査シート、解説書、及びQ&A集を公表しました。<国際決済銀行ウェブサイトにリンク>

なお、本QISは、本邦においては国際基準行のみが対象となります。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

以上