公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2010年 > バーゼル銀行監督委員会によるバーゼルIIIテキスト及び定量的影響度調査の結果の公表について

バーゼル銀行監督委員会によるバーゼルIIIテキスト及び定量的影響度調査の結果の公表について

2010年12月17日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下「バーゼル委」といいます。)は、12月16日、以下の銀行の自己資本と流動性に係る国際的な基準の詳細を示すバーゼルIIIテキスト及び包括的な定量的影響度調査の結果を公表しました。

  1. 「バーゼルIII:より強靭な銀行および銀行システムのための世界的な規制の枠組み」(原題:BaselIII:A global regulatory framework for more resilient banks and banking systems
  2. 「バーゼルIII:流動性リスク計測、基準、モニタリングのための国際的枠組み」(原題:BaselIII:International framework for liquidity risk measurement, standards and monitoring
  3. 「包括的な定量的影響度調査の結果」(原題:Results of the comprehensive quantitative impact study

バーゼル委はまた、バーゼルIIIテキストに示されている要件を補完するものとして、「カウンターシクリカルな(景気連動抑制的な)自己資本バッファーを運用する各国当局のためのガイダンス」(原題:Guidance for national authorities operating the countercyclical capital buffer)もあわせて公表しました。

これらの文書で示された内容は、規制、監督及び国際的な銀行のリスク管理に関して、先般の危機から得られた教訓に対処するための包括的なバーゼル委の対応の一部です。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • 1月24日に追加掲載しました。

以上