公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2011年 > バーゼル委・CPSSによる外為決済リスクに関する共同WG設置の公表について

バーゼル銀行監督委員会およびBIS支払・決済システム委員会によるプレス・リリース「『外為取引における決済リスクを管理するための監督上の指針』改定のための共同ワーキング・グループ」の公表について

2011年3月31日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下「バーゼル委」)およびBIS支払・決済システム委員会(CPSS)は、バーゼル委「外為取引における決済リスクを管理するための監督上の指針」(原題:Supervisory guidance for managing settlement risk in foreign exchange transactions)(2000年9月)を、公表後の状況変化(CLS銀行の設立など)を踏まえて改定するための共同ワーキング・グループを設置することを公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。