公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2012年 > 金融高度化セミナー「東日本大震災を踏まえた今後の業務継続体制について」を開催

金融高度化セミナー「東日本大震災を踏まえた今後の業務継続体制について」を開催

2012年3月6日
日本銀行金融機構局
金融高度化センター

金融高度化センターでは、2012年3月1日、千代田区の砂防会館において、「東日本大震災を踏まえた今後の業務継続体制について」と題する金融高度化セミナーを開催しました。

本セミナーでは、東日本大震災において有効に機能した事例や、震災を契機に見直しが進められている事例を紹介するとともに、業務継続体制のさらなる充実に向けた方策を示すことを目的として、当該分野に精通した講師陣をお招きし、講演およびパネル・ディスカッションを行いました。なお、参加者数は、約560名でした。

本セミナーのプログラムと講演等の資料については、以下をご参照ください。

開会の辞

日本銀行 金融機構局 金融高度化センター長 森 俊彦

講演

パネル・ディスカッション

「東日本大震災を踏まえた今後の業務継続体制について」

パネリスト

  • 石井 隆  氏(ジェネラル再保険会社 P&C再保険オフィス ジェネラル・マネージャー)
  • 岩田 圭司 氏(岩手銀行 取締役 総合企画部長)
  • 加川 明彦 氏(三菱東京UFJ銀行 執行役員 総合リスク管理部長)
  • 阪路 雅之 氏(東邦銀行 取締役 総合企画部長 兼 経営戦略調整室長)
  • 馬場 栄治 氏(川崎信用金庫 経営企画部長)
  • 竜田 博之(日本銀行 決済機構局 業務継続企画課長)

モデレータ

  • 富岡 則行 (日本銀行 金融機構局 考査企画課 システム・業務継続グループ 企画役)
  • 2012年3月30日追加掲載
  • セミナーの模様1
  • セミナーの模様2