日本銀行本店

公表資料

ホーム > 対外説明・広報 > 公表資料 2012年 > バーゼル委が「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」と「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」を公表

ENGLISH

バーゼル銀行監督委員会による「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」および「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」の公表について

2012年5月18日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会は、5月15日、「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」(原題:The policy implications of transmission channels between the financial system and the real economy)および「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」(原題:Models and tools for macroprudential analysis)と題するワーキング・ペーパーを公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • 「金融システムと実体経済の波及経路の政策的含意」(原文<国際決済銀行ウェブサイトにリンク>)
  • 「マクロ・プルーデンス分析のためのモデルと手法」(原文<国際決済銀行ウェブサイトにリンク>)
ページ先頭に戻る