公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2012年 > CPSS・IOSCO「FMI原則:情報開示の枠組みと評価方法」の公表

BIS支払・決済システム委員会と証券監督者国際機構代表理事会「金融市場インフラのための原則:情報開示の枠組みと評価方法」

2012年12月18日
日本銀行

国際決済銀行・支払決済システム委員会(BIS/CPSS)と証券監督者国際機構(IOSCO)代表理事会は、12月14日、本年4月に公表した「金融市場インフラのための原則」の付属文書「金融市場インフラのための原則:情報開示の枠組みと評価方法(原題:Principles for financial market infrastructures: disclosure framework and assessment methodology)」を公表しました。

日本銀行では、「金融市場インフラのための原則」も用いながら、引続き決済システムのオーバーサイトを行っていきます。

詳細につきましては、以下をご覧ください。