公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2013年 > ジョイント・フォーラムが長寿リスク移転及び販売時の情報開示の市中協議文書を公表

ジョイント・フォーラムによる市中協議文書「長寿リスク移転市場:市場構造、成長の推進力・障害及び潜在的リスクについて」及び市中協議文書「保険・銀行・証券業界における販売時の情報開示」の公表について

2013年8月19日
日本銀行

ジョイント・フォーラム(注)は、8月15日、「長寿リスク移転市場:市場構造、成長の推進力・障害及び潜在的リスクについて」(原題:Longevity risk transfer markets: market structure, growth drivers and impediments, and potential risks)及び「保険・銀行・証券業界における販売時の情報開示」(原題:Point of Sale disclosure in the insurance, banking and securities sectors)に関する市中協議文書を公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

なお、市中協議文書全文は、上記のウェブサイトのほか、証券監督者国際機構(IOSCO)(http://www.iosco.org(外部サイトへのリンク))及び保険監督者国際機構(IAIS)(http://www.iaisweb.org(外部サイトへのリンク))のウェブサイトからも入手可能です。

両市中協議文書に対するコメントは、2013年10月18日までにジョイント・フォーラム事務局宛に英文でご提出ください。

  • ジョイント・フォーラムについて
    ジョイント・フォーラム(The Joint Forum)は、金融コングロマリットの規制を始め、銀行、証券、保険の各分野に共通な諸問題に対処することを目的に、1996年にバーゼル銀行監督委員会(BCBS)、証券監督者国際機構(IOSCO)及び保険監督者国際機構(IAIS)の後援により設立された。メンバーは、各分野を代表する主要な監督者で構成されている。