日本銀行本店

公表資料

ホーム > 対外説明・広報 > 公表資料 2015年 > バーゼル委が市中協議文書「ステップイン・リスクの特定と評価」を公表

ENGLISH

バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書「ステップイン・リスクの特定と評価」の公表について

2015年12月21日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会(以下、「バーゼル委」)は、12月17日、「ステップイン・リスクの特定と評価」(原題:Identification and measurement of step-in risk)と題する市中協議文書を公表しました。

同文書においてステップイン・リスクは、金融ストレス時に銀行が、シャドーバンク等の事業体に対して契約上の義務を超えて財務上支援するリスクとされています。詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • プレス・リリース(原文<国際決済銀行ウェブサイトにリンク>)
  • 市中協議文書「ステップイン・リスクの特定と評価」(原文<国際決済銀行ウェブサイトにリンク>)

なお、本市中協議文書に対するコメントは、2016年3月17日までに、バーゼル委宛に英文でご提出ください。

本件に関する金融庁・日本銀行作成説明資料(注)
バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書「ステップイン・リスクの特定と評価」の概要 [PDF 434KB]

(注)2016年1月26日に追加掲載しました。
ページ先頭に戻る