公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 > 公表資料 2015年 > バーゼル委が「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則の取組みに関する進捗状況」を公表

バーゼル銀行監督委員会による「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則の取組みに関する進捗状況」の公表について

2015年12月21日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会は12月16日、「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則の取組みに関する進捗状況」(原題:Progress in adopting thePrinciples for effective risk data aggregation and risk reporting)と題する報告書を公表しました。

本文書は、2013年1月に公表された「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」(原題:Principles for effective risk data aggregation and risk reporting)の銀行の取組みについての進捗報告書です。

詳細につきましては、以下をご覧ください。