公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2016年 > バーゼル委が最終規則文書「証券化商品の資本賦課枠組みの見直し(改訂版)」を公表

バーゼル銀行監督委員会による最終規則文書「証券化商品の資本賦課枠組みの見直し(簡素で、透明性が高く、比較可能な証券化商品の自己資本規制上の取扱いを含む)」の公表について

2016年7月13日
日本銀行

バーゼル銀行監督委員会は、7月11日、簡素で、透明性が高く、比較可能な証券化商品の自己資本規制上の取扱いを含む、「証券化商品の資本賦課枠組みの見直し(原題:Revisions to the securitisation framework)」と題する最終規則文書を公表しました。

本文書は、2015年11月に公表された市中協議文書に対して寄せられたコメントを踏まえて、2014年12月に公表された最終規則文書「証券化商品の資本賦課枠組みの見直し」を改訂したものです。詳細につきましては、以下をご覧ください。

本件に関する金融庁・日本銀行作成説明資料(注)
「簡素で、透明性が高く、比較可能な証券化商品の自己資本規制上の取扱い」について [PDF 553KB]

  • 8月16日に追加掲載しました。