公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2016年 > 「消費者物価指数の基準改定が総合(除く生鮮食品・エネルギー)に与える影響」の掲載予定

「消費者物価指数の基準改定が総合(除く生鮮食品・エネルギー)に与える影響」の掲載予定

2016年8月12日
日本銀行調査統計局

日本銀行調査統計局は、分析データ「基調的なインフレ率を捕捉するための指標」において、消費者物価指数・総合(除く生鮮食品・エネルギー)を定期的に公表しております。今般、基礎データとして利用している総務省「消費者物価指数」の基準が2010年から2015年へと改定されることに伴い、新基準の計数(2016年1~6月分)を作成・公表いたします。

掲載場所は、以下のとおりです。

ホーム > 調査・研究 > 分析データ >基調的なインフレ率を捕捉するための指標 >基準改定関連

公表日は、2016年8月15日14時頃を予定しています。

なお、「刈込平均値」、「上昇・下落品目比率」、「最頻値」および「加重中央値」の新基準の計数については、2016年7月分の全国消費者物価指数公表から3営業日後の2016年8月31日に、7月分の計数と併せて公表する予定です。