公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2017年 > 金融史研究員の募集について

金融史研究員の募集について

2017年1月18日
日本銀行金融研究所

日本銀行金融研究所では、金融史研究の充実を図るため、こうした事務を担っていただく、有期限の研究員を募集します。希望される方は、下記の要領に従ってご応募下さいますよう、お願いいたします。

1.期間

原則として2018年4月初以降(相談により、2017年10月以降の適宜の月とすることもあり得る)の1年間。なお、雇用期間終了時の状況により、1年を超えて契約を更新する場合があり得ます。

2.応募資格

以下の条件をすべて満たすこと。

  1. (1)国内、海外の研究機関において金融・経済史に関連した修士号以上の学位を有する方、またはそれと同等以上の金融・経済史に関する学術的能力(英語文献の読解能力を含む)を有する方。
  2. (2)当研究所が掲げる組織的研究課題に積極的に取組み、かつ、他の研究員等と協力して調査・研究を遂行する高い意欲を有する方。

3.業務内容

日本銀行および海外の主要中央銀行の政策・業務運営に関して、金融研究所が指定するテーマに沿った歴史的観点からの調査研究を行い、その結果を取りまとめること(取りまとめた結果は、内部資料または公表資料として用いる)。

4.募集人員

1名

5.勤務地

日本銀行金融研究所

6.勤務条件

勤務日は、週5日(月曜日~金曜日)以内で、個別に相談の上で決定します(国民の祝日、1月2日~3日、12月31日は勤務がありません)。

勤務時間は、原則として9時30分~17時30分(1日7時間、休憩時間60分)を想定(具体的な勤務時間は、面談により決定します)。

7.待遇

能力、経験、実績等を考慮のうえ、面談により決定します。

8.応募書類

  1. (1)履歴書および主要な研究業績についての一覧(様式自由)
  2. (2)最近の研究論文(コピー可)
  3. (3)中央銀行の政策・業務運営に関して、歴史研究の観点から関心を有する事柄(書式自由)

9.応募の形態

個人としての応募に限ります。

10.提出書類の締切日

2017年6月7日(水)必着。なお、応募書類到着次第、随時選考を行わせていただきます。

11.選考方法

書類選考のうえ、随時面接を実施。
面接していただく方には、2017年9月20日(水)までに個別にご連絡します(同日までに当方から連絡がない場合は、不採用である旨お含み置き下さい)。

12.応募書類の提出先

〒103-8660
東京都中央区日本橋本石町2-1-1
日本銀行金融研究所長 宛

  • 応募書類送付の際は、封筒の表に「金融史研究員応募」と朱記で明記し、書留郵便で送付して下さい。なお、応募書類は原則として返却しませんのでご了承下さい。また、提出書類に含まれる個人情報は、選考および採用以外の目的には使用しません。

13.照会先

金融研究所歴史研究課

担当:森田、小池

Tel:03-3279-1111(代表)
Fax:03-3277-1456
E-mail:imes.history@boj.or.jp