公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2017年 > 第3回 FinTechフォーラム参加者の募集について

第3回 FinTechフォーラム参加者の募集について

2017年1月24日
日本銀行決済機構局
FinTechセンター

FinTechセンターでは、来る2月28日、「第3回FinTechフォーラム ~金融分野における分散型元帳技術の活用に向けて~」を開催いたします。FinTechの中核技術として注目を集めている分散型元帳技術については、様々な技術基盤が提案される中、同技術の応用可能性に関する実証実験等を通じた検討も多くみられるようになってきています。そこで、本フォーラムでは、技術基盤の概要やユースケースの情報を共有するほか、各々の特徴や今後の発展可能性を比較することを通じて、分散型元帳技術に関する知見を深耕することを目的といたします。そのうえで、技術面からの課題解決の方向性について議論したいと考えています。

つきましては、FinTech事業に関わる金融機関や企業に所属される方の中から、席上での議論に積極的にご参加いただける方を募集致します。フォーラムへのご参加をご希望される方は、下記の要領に沿ってご応募くださいますよう、お願い申し上げます。なお、会場の都合上、必ずしもご希望に添えない場合があります点、予めご了承ください。

1.第3回FinTechフォーラムの日時および議題(予定)

テーマ

金融分野における分散型元帳技術の活用に向けて

日時

2月28日(火)13:30~17:00

プログラム

  1. (1)日本銀行 理事 桑原 茂裕による挨拶
  2. (2)プレゼンテーション(タイトルは仮題

    「セキュリティの観点からみた分散型元帳技術」
    プレゼンター:日本銀行金融研究所

    「分散型元帳技術にかかる基礎実験」
    プレゼンター:日本銀行決済機構局

    「ビットコイン・ブロックチェーンの資金貸借市場への応用可能性」
    プレゼンター:東京短資株式会社、株式会社ハウインターナショナル

    「証券ポストトレードへのブロックチェーン技術検証と今後の課題」
    プレゼンター:株式会社みずほ銀行・富士通株式会社

    Hyperledger プロジェクト『いろは』の技術と特徴」
    プレゼンター:ソラミツ株式会社

    「分散型元帳技術(Distributed Ledger TechnologyCordaについて」
    プレゼンター:R3

  3. (3)パネルディスカッション

    パネリスト:
    株式会社bitFlyer代表取締役 加納裕三 氏
    株式会社日本取引所グループ総合企画部
    新規事業推進室フィンテック・ラボ課長 山藤敦史 氏
    日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 ブロックチェーン・テクノロジー担当
    担当部長 吉濱佐知子 氏

    モデレーター:日本銀行決済機構局FinTechセンター長 岩下直行

  4. (4)ラップアップ
    日本銀行決済機構局長 山岡浩巳

上記プログラムの内容等につきましては、今後変更される可能性がある点、ご承知おきください。

2.場所

日本銀行本店(東京都中央区)

3.募集人数

50名程度(1社あたり1名までとさせていただきます)

4.応募方法

以下の書式を使用し、電子メールにてご提出ください。

5.応募書類の提出先

決済機構局 FinTechセンター
E-mail : post.fintech@boj.or.jp

6.応募書類の締切日

2017年2月10日(金)必着

7.その他

ご応募頂いた方には、個別にご連絡致します。
議論の概要および関連資料は、後日、本ホームページで公表予定です。

8.照会先

決済機構局 FinTechセンター

宮 将史
Tel : 03-3277-3640