公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2017年 > 東大・日銀 第7回共催コンファレンス「マクロ経済分析の新展開:景気循環と経済成長の連関」

東京大学金融教育研究センター・日本銀行調査統計局第7回共催コンファレンス「マクロ経済分析の新展開:景気循環と経済成長の連関」

2017年10月27日
日本銀行調査統計局

東京大学金融教育研究センターと日本銀行調査統計局は、本年11月30日に、第7回共催コンファレンス「マクロ経済分析の新展開:景気循環と経済成長の連関」を開催いたします。

議論の概要および報告論文は、後日、当ウェブサイト上に掲載予定です。

日時

2017年11月30日(木)

場所

日本銀行本店9階大会議室A

プログラム

 9:00- 9:05
開会の辞 岩田 規久男 日本銀行副総裁

導入セッション

9:05- 9:50
  • 景気循環と経済成長の連関
    報告者 古賀 麻衣子 日本銀行調査統計局企画役

第1セッション

座長 宮川 努 学習院大学教授

9:50-10:50
  • 為替ショックに対する雇用調整
    報告者 川口 大司 東京大学教授
    指定討論者 一上 響 日本銀行調査統計局経済調査課長
10:50-11:00
休憩
11:00-12:00
  • 日本における財政赤字削減ルールの動学分析
    報告者 二神 孝一 大阪大学教授
    指定討論者 上田 晃三 早稲田大学教授
12:00-13:30
昼食

第2セッション

座長 関根 敏隆 日本銀行調査統計局長

13:30-14:30
  • リスクテイク、格差と経済成長
    報告者 楡井 誠 東京大学准教授
    指定討論者 高橋 修平 京都大学准教授
14:30-15:30
  • 再帰的バブル、景気循環、および経済成長
    報告者 陣内 了 一橋大学准教授
    指定討論者 青木 浩介 東京大学教授
15:30-15:45
休憩

総括討議

15:45-17:45
モデレーター 渡辺 努 東京大学教授
パネリスト 塩路 悦朗 一橋大学教授
早川 英男 富士通総研経済研究所 エグゼクティブ・フェロー
福田 慎一 東京大学教授
関根 敏隆 日本銀行調査統計局長
17:45-18:00
閉会の辞 植田 和男 東京大学CARFセンター長
18:20-
懇親会
挨拶 桑原 茂裕 日本銀行理事
  • 報告者のプレゼンテーションは30分、指定討論者の報告は15分、フロア討議(報告者の応答を含む)は15分の予定です。
  • 上記プログラムの内容は変更される可能性がありますので、ご了承ください。

照会先

調査統計局経済調査課経済分析グループ

Tel : 03-3277-3717