公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2017年 > 1月11日金融高度化セミナー(独立取締役の活躍)を開催

(2018年1月11日)ガバナンス改革・フォローアップセミナー2「ガバナンス改革と独立取締役の活躍」の開催について

2017年11月17日
日本銀行金融機構局
金融高度化センター

金融機関の経営は転換期を迎えています。ビジネスモデルの改革に向けて強い意思を持った金融機関では、改正会社法、コーポレートガバナンス・コードへの対応を超えて、グローバル水準のガバナンス改革を実現し始めました。また、ガバナンス改革が進展するなかで、客観的な立場から経営を見ることのできる独立取締役が果たす役割は重要性を増しています。

日本銀行 金融機構局 金融高度化センターでは、2018年1月10日(水)・11日(木)に、ガバナンス改革・フォローアップセミナー1、2を開催することにいたしました。

2018年1月10日(水)のガバナンス改革・フォローアップセミナー1「グローバル水準のガバナンス改革の進展」では、グローバル水準のガバナンス改革を実現し始めたフロント・ランナーの取り組みを紹介して、今後の改革の方向性を展望いたします。参加対象は、取締役、監査役、執行役員、部長など幅広い層を想定しています。

2018年1月11日(木)のガバナンス改革・フォローアップセミナー2「ガバナンス改革と独立取締役の活躍」では、独立取締役の活躍を支援するため、多くの実務家、有識者をお招きして、実践的な観点からパネルディスカッションを行います。重要性を増している独立取締役の役割と責務を考えるセミナーです。参加対象は、独立取締役とサポート部門に限定しています。

ガバナンス改革・フォローアップ・セミナー1、2のご案内、お申込みは別々に行っています。

下記は、2018年1月11日(木)のガバナンス改革・フォローアップセミナー2「ガバナンス改革と独立取締役の活躍」のご案内、お申込み要領です。

開催日・場所

2018年1月11日(木)9:50~17:30
セッションA

9:50~12:10(受付開始9:20)

テーマ ガバナンス改革の進展と独立取締役への期待
― 独立取締役には何が求められているのか

セッションB

13:30~15:45(受付開始13:00)

テーマ リスクアペタイト・フレームワークと3線モデルの構築
― 独立取締役のために、どのような監督の枠組みが必要か

セッションC

16:00~17:30(受付開始15:45)

テーマ 独立取締役の役割と責務
― モノを言う独立取締役として、いつ、どのように経営に働きかけるのが良いか

日本銀行本店・旧館502会議室(東京都中央区日本橋本石町2-1-1)

定員

150名

参加対象

独立取締役とサポート部門の部門長・スタッフ

サポート部門には、ガバナンス事務局のほか、経営企画部門、リスク管理部門、内部監査部門などが含まれます。社外監査役の申込みも受け付けます。

参加者数

独立取締役、社外監査役の申込み人数に制限はありません。

独立取締役、社外監査役以外のお申込みは、1先につき1名程度を上限とさせていただきます。

2名以上のお申込みを希望される場合は、金融高度化センターの担当者にご相談ください(定員の範囲内で受け付けます)。

申込方法

「金融高度化セミナー受付システム」からお申し込みください。日本銀行の当座預金取引の相手方である金融機関等の「受付システム登録者」の方にIDおよびPWを交付しております。ご不明の場合は以下の照会先にお問い合わせください。

申込期限

2017年12月8日(金)までにお申し込みください。

プログラム

表:プログラム セッションA
セッションA

テーマ ガバナンス改革の進展と独立取締役への期待
― 独立取締役には何が求められているのか

9:50~10:00

挨拶

10:00~10:30

講演  ガバナンス改革の進展
東京証券取引所 取締役 常務執行役員
小沼 泰之 氏

10:30~12:10

パネルディスカッション
「独立取締役には何が求められているのか」

パネリスト(五十音順)

池尾 和人 氏
慶應義塾大学 経済学部 教授
スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議 座長
小沼 泰之 氏
東京証券取引所 取締役 常務執行役員
田中 正明 氏
PwCインターナショナル
シニア・グローバル・アドバイザー
金融庁 参与
米日カウンシル 評議員会 副会長
元三菱UFJフィナンシャル・グループ 副社長
元ユニオンバンク 頭取兼最高経営責任者
元モルガン・スタンレー 取締役
原 俊樹 氏
りそなホールディングス 取締役兼代表執行役
りそな銀行 取締役兼執行役員
埼玉りそな銀行 執行役員
蛭田 史郎 氏
旭化成株式会社 相談役
オリンパス株式会社 取締役会議長
12:10~13:30 (昼食休憩)
昼食の用意はございません。各自、会場周辺で昼食をおとりください。
表:プログラム セッションB
セッションB

テーマ リスクアペタイト・フレームワークと3線モデルの構築
― 独立取締役のために、どのような監督の枠組みが必要か

13:30~14:00 対談 会社法が求める監督、監査とは
田中 亘 氏
東京大学 社会科学研究所 教授
法務省法制審議会 会社法制部会幹事
14:00~14:30 対談 長銀破綻の教訓
鷲見 守康 氏
MISコンサルティング 代表取締役
14:30~15:00 講演 三菱UFJフィナンシャル・グループのRisk Appetite FrameworkThree lines of defense
吉藤 茂 氏
三菱UFJフィナンシャル・グループ
執行役常務 グループCAO兼監査部長
15:00~15:45

パネルディスカッション
「独立取締役のために、どのような監督の枠組みが必要か」

パネリスト(五十音順)

鷲見 守康 氏
MISコンサルティング株式会社 代表取締役
田中 亘 氏 
東京大学 社会科学研究所 教授
法務省法制審議会 会社法制部会幹事
辻田 弘志 氏
PwCあらた有限責任監査法人 パートナー
吉藤 茂 氏 
三菱UFJフィナンシャル・グループ
執行役常務 グループCAO兼監査部長
15:45~16:00 (休憩)
表:プログラム セッションC
セッションC

テーマ 独立取締役の役割と責務
― モノを言う独立取締役として、いつ、どのように経営に働きかけるのが良いか

16:00~17:30 パネルディスカッション
「モノを言う独立取締役として、いつ、どのように経営に働きかけるのが良いか」

パネリスト(五十音順)
石田 惠美 氏
武蔵野銀行 取締役
日比谷見附法律事務所 弁護士・公認会計士
佐貫 葉子 氏
りそなホールディングス
取締役 監査委員会委員長
弁護士、NS綜合法律事務所 所長
多胡 秀人 氏
一般社団法人 地域の魅力研究所 代表理事
山陰合同銀行 取締役
みちのく銀行 指名・報酬検討会議 議長
浜松信用金庫 非常勤理事
金融庁 金融機能強化審査会 会長代理
南條 宏 氏
十八銀行 取締役
元三菱重工業株式会社 代表取締役常務
八田 進二 氏
青山学院大学大学院
会計プロフェッション研究科 教授
  • 上記プログラムは変更になることがございます。

講師プロフィール

セッションA

東京証券取引所 取締役 常務執行役員
小沼 泰之 氏

1984年東京証券取引所入社。2007年国際企画部長、2011年執行役員兼上場推進部長、2013年執行役員(上場推進部・マーケット営業部担当)、2016年常務執行役員(上場推進部・株式(クライアントRM)担当)を経て、2017年より現職。

慶應義塾大学 経済学部 教授
スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議 座長
池尾 和人 氏

1953年、京都生まれ。京都大学経済学部卒、経済学博士。岡山大学、京都大学助教授などを経て現職。
金融審議会委員、日本郵政公社社外理事などを歴任。
コーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議・座長を務め、同コード案を取りまとめる。
現在、新日本有限責任監査法人 社外評議員を兼務。

PwCインターナショナル シニア・グローバル・アドバイザー
金融庁 参与
米日カウンシル 評議員会 副会長
元三菱UFJフィナンシャル・グループ 副社長
元ユニオンバンク 頭取兼最高経営責任者
元モルガン・スタンレー 取締役
田中 正明 氏

りそなホールディングス 取締役兼代表執行役
りそな銀行 取締役兼執行役員
埼玉りそな銀行 執行役員
原 俊樹 氏

1982年協和銀行(現りそな銀行)入行。2013年りそなホールディングス代表執行役人材サービス部担当、2014年りそな銀行 代表取締役副社長兼執行役員 東日本担当統括、2015年近畿大阪銀行取締役を経て、2017年より現職。

旭化成株式会社 相談役
オリンパス株式会社 取締役会議長
蛭田 史郎 氏

1941年福島県出身。1964年横浜国立大学工学部応用化学科卒業。同年旭化成工業株式会社(現:旭化成 株式会社)入社。エンジニアリング樹脂工場長、レオナ工場長、エレクトロニクス事業部門長、経営戦略担当役員等を経て、2003年代表取締役社長に就任。7年間の社長在任期間に、旭化成グループの持株・分社化やグローバル展開を推進。旭化成株式会社相談役(現職)。
現在、オリンパス株式会社 独立取締役・取締役会議長、立命館大学大学院経営管理研究科客員教授などを兼務。ProNed元経営トップ「独立取締役の会」の主要メンバーとして「取締役会の果たすべき役割」について提言。

セッションB

東京大学 社会科学研究所 教授
法務省法制審議会 会社法制部会幹事
田中 亘 氏

1996年東京大学法学部卒。博士(法学)(東京大学)。東京大学大学院法学政治学研究科助手、成蹊大学法学部専任講師等を経て、2015年4月より現職。専攻は、商法、会社法、法と経済学。
過去に法制審議会会社法部会幹事、スチュワードシップ・コードに関する有識者検討会メンバー等を歴任。
現在、法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会幹事。

MISコンサルティング株式会社 代表取締役
鷲見 守康 氏

1976年日本長期信用銀行入行。企画G管理部、リスク統轄部等を経て与信監査部長兼業務監査委員会委員・事務局長、(新生銀行)与信管理部長等歴任。
2001年新日鉄ソリューションズ(株)入社、2007年NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング(株)代表取締役社長を経て、2016年より現職。

三菱UFJフィナンシャル・グループ 執行役常務 グループCAO兼監査部長
吉藤 茂 氏

1987年三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2009年三菱東京UFJ銀行市場企画部副部長、2010年CPM部長、2012年総合リスク管理部長兼三菱UFJフィナンシャル・グループ執行役員リスク統括部長を経て、2016年より現職。

PwCあらた有限責任監査法人 パートナー
辻田 弘志 氏

大手金融機関を経て、PwCあらた監査法人(PwC)入所。PwCにおいて金融機関、一般事業法人に対するガバナンス、リスク管理、コンプライアンスに係るアドバイザリー業務を提供。

セッションC

武蔵野銀行 取締役
日比谷見附法律事務所 弁護士・公認会計士
石田 惠美 氏

1993年公認会計士登録、1997年弁護士登録。
武蔵野銀行 監査役を経て、現在取締役のほか、イオンリテール株式会社の監査役を兼務。

りそなホールディングス 取締役 監査委員会委員長
明治ホールディングス(株) 取締役
弁護士、NS綜合法律事務所 所長
佐貫 葉子 氏

1981年弁護士登録。2001年より現職。
2011年りそな銀行 取締役、2012年りそなホールディングス取締役監査委員会委員を経て、2015年より同・取締役監査委員会委員長。

一般社団法人 地域の魅力研究所 代表理事
山陰合同銀行 取締役
みちのく銀行 指名・報酬検討会議 議長
浜松信用金庫 非常勤理事
全国信用組合連合会 特別顧問
金融庁 金融機能強化審査会 会長代理
同・金融仲介機能の改善に向けての検討会議メンバー
同・金融モニタリング有識者会議メンバー
経済産業省・ローカルベンチマーク活用戦略会議委員
同・商工中金在り方検討会メンバー
多胡 秀人 氏

一橋大学商学部卒業、1974年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行、外資系金融機関、大手コンサルティング会社等を経て、2011年より現職。
2007年~2017年 鹿児島銀行取締役。
2007年より山陰合同銀行取締役、2012年より全国信用組合連合会特別顧問、2015年より浜松信用金庫非常勤理事、2016年よりみちのく銀行指名・報酬検討会議議長。

十八銀行 取締役
元三菱重工業株式会社 代表取締役常務
南條 宏 氏

1964年三菱造船株式会社入社。1998年、三菱重工業株式会社取締役経理部長、1999年代表取締役常務、2002年退任。
2004年十八銀行監査役を経て、2007年より現職。

青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 教授
(株)日本政策投資銀行 社外監査役
日本航空(株)社外監査役
理想科学工業(株)社外監査役
(独)経済産業研究所 監事
(学)聖路加国際大学 監事
一般社団法人 日本取締役協会 監事
金融庁・企業会計審議会 委員
同・会計監査の在り方に関する懇談会 メンバー
八田 進二 氏

慶應義塾大学経済学部卒業、早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(プロフェッショナル会計学)。2005年より現職。

モデレータ

日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役
碓井 茂樹

1983年日本銀行入行。福岡支店、考査局を経て、2006年より現職。

照会先

金融機構局金融高度化センター

Tel : 03-3277-2838(直通)

E-mail : caft@boj.or.jp