公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2018年 > 第6回 FinTech(フィンテック)フォーラム参加者の募集について

第6回 FinTechフォーラム参加者の募集について

2018年7月6日
日本銀行決済機構局
FinTechセンター

FinTechセンターでは、8月3日、「第6回FinTechフォーラム~チャットボットの進化と金融ビジネスへの活用~」を開催いたします。

AIの金融ビジネスへの活用事例として「チャットボット」が注目を集めています。カスタマーからのチャットによる質問をロボット(チャットボット)が回答したり、大量に存在する企業内部での問い合わせにチャットボットを活用したり、社内ナレッジを的確に拾いあげる業務支援ツールとして利用するといった導入事例が増えています。

今回のフォーラムでは、チャットボットの開発・導入事例を金融機関様からご紹介いただきます。また、その裏で動いている自然言語処理やナレッジマネジメントなど最先端の技術動向について、デベロッパーの皆様からご説明いただきます。

金融機関や企業、大学などにおいてチャットボットを含むAI関連の事業や研究に携わっておられる方々のご参加を募集致します。参加をご希望される方は、下記の要領に沿ってご応募ください。なお、会場の制約上、必ずしもご希望に添えない場合があります点、予めご了承ください。

1.日時およびプログラム

日時

8月3日(金)14:00~17:10(予定)

プログラム(仮)

  1. (1)開会挨拶
    日本銀行役員による挨拶
  2. (2)プレゼンテーションとパネルディスカッション
    1. 第1部:プレゼンテーション~チャットボット導入事例の紹介
      プレゼンター:株式会社三井住友フィナンシャルグループほか2社
    2. ネットワーキング&休憩タイム
    3. 第2部:プレゼンテーション~裏で動いている技術の解説(優れたサービスを開発するために必要な技術の理解)
      プレゼンター:日本アイ・ビーエム株式会社、株式会社野村総合研究所
    4. 第3部:パネルディスカッション~成果、苦労、課題と挑戦
      パネリスト:第1部におけるプレゼンター3社
      モデレーター:日本銀行決済機構局FinTechセンター長 副島 豊
  3. (3)ラップアップ
    日本銀行決済機構局長 山岡浩巳

上記プログラムの内容は変更される可能性があります。

2.場所

日本銀行本店

3.募集人数

100名程度

4.応募方法

下記URLからお申込みください(外部サイトにジャンプします)。
応募締切は、7月22日(日)です。
https://fofa.jp/6th_ff/a.p/101/
(参加申込みいただいた方には、登録完了をお知らせするメールが自動的に送信されます。メールが届かない場合には、post.fintech@boj.or.jpまでご一報ください。)

5.その他

ご応募頂いた方には、7月25日(水)を目途に個別にご連絡致します。
スマートフォンを用いたQAや投票調査を行いますのでお持ちください。
FinTechフォーラムはプレスオープンの形で開催されます。
議論の概要および関連資料は、後日、当ウェブサイト上で公表する予定です。
日本銀行が撮影した動画・画像は、日本銀行ウェブサイトなどで公表することがあります。

6.照会先

決済機構局FinTechセンター

Tel : 03-3277-3640