公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2018年 > (9月:名古屋)金融高度化セミナー「ガバナンス改革の実践」を開催

(9月:名古屋)金融高度化セミナー「ガバナンス改革の実践」の開催について

2018年7月20日
日本銀行金融機構局
金融高度化センター

日本銀行 金融機構局 金融高度化センターでは、9月4日(火)・5日(水)の両日、名古屋にて、独立取締役とサポート部門等を主な対象にした金融高度化セミナーを開催することにいたしました。

9月4日(火)の「ガバナンス改革の実践」では、わが国のガバナンス改革に関する論点を整理するとともに、グローバル水準のガバナンス改革を実現しはじめたフロント・ランナーの取組みを紹介します。今回は、大手金融機関だけではなく、地域金融機関においても取組みがはじまったリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)構築のポイントに焦点をあてて、実務家、有識者の方々と理論、実践の両面からパネル討議を行います。

9月5日(水)の「リスク管理と内部監査―3線モデルの構築」では、独立取締役、社内役員およびサポート部門のスタッフなどを主な対象にして、金融機関のリスク管理、内部監査の基礎的事項を整理するとともに、取締役会が効果的な監督を行うためには、何が求められているのかを分かりやすく説明します。

9月4日(火)、9月5日(水)のセミナーのご案内、お申込みは、別々に行っています。
下記は、9月4日(火)「ガバナンス改革の実践」のご案内、お申込み要領です。

開催日・場所

2018年9月4日(火)9:40~17:00
TKP名駅桜通口カンファレンスセンター・ホール3D
(愛知県名古屋市中村区名駅3-13-5 名古屋ダイヤビル3号館)

定員

100名

参加対象

独立取締役とサポート部門など

サポート部門には、ガバナンス事務局のほか、経営企画部門、リスク管理部門、内部監査部門などが含まれます。社内取締役、執行役員、監査役のお申込みも受け付けます。

申込方法

「金融高度化セミナー受付システム」からお申し込みください。日本銀行の当座預金取引の相手方である金融機関等の「受付システム登録者」の方にIDおよびPWを交付しております。ご不明の場合は以下の照会先にお問い合わせください。

申込期限

2018年8月3日(金)までにお申し込みください。

プログラム

表:プログラム
時間 セッション・講義内容
9:40~9:50 挨拶
9:50~11:20

A-1.金融機関のガバナンス改革 論点整理
日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役
碓井 茂樹

11:20~11:30 (休憩)
11:30~12:30

A-2.金融機関のガバナンス改革 実践事例
日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役
碓井 茂樹

12:30~13:30 (昼食休憩)
昼食の用意はございません。各自、会場周辺で昼食をおとりください。
13:30~14:30

B-1.リスクアペタイト・フレームワーク構築のポイント
有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター
勝藤 史郎 氏

14:30~14:40 (休憩)
14:40~15:40

B-2.【事例紹介】リスクアペタイト・フレームワークの構築
滋賀銀行 経営管理部長
下辻 篤 氏

15:40~15:50 (休憩)
15:50~17:00

B-3.【パネル討議】リスクアペタイト・フレームワーク構築のポイント

パネリスト

有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター
勝藤 史郎 氏

滋賀銀行 経営管理部長
下辻 篤 氏

池田泉州銀行 常務執行役員(リスク統括部担当)
田中 耕 氏

モデレータ

日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役
碓井 茂樹

  • 上記プログラムは変更になることがございます。

講師プロフィール

日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役
碓井 茂樹

1983年日本銀行入行。福岡支店、考査局を経て、2006年より現職。

有限責任監査法人トーマツ リスク管理戦略センター ディレクター
勝藤 史郎 氏

大手金融機関でリスクアペタイト・フレームワークの構築に従事。その後、有限責任監査法トーマツに入所。金融機関に対するリスク管理に係るアドバイザリー業務を提供。

滋賀銀行 経営管理部長
下辻 篤 氏

1988年滋賀銀行入行。2017年より現職。

池田泉州銀行 常務執行役員(リスク統括部担当)
田中 耕 氏

1983年泉州銀行(現池田泉州銀行)入行。2012年7月理事 融資企画部長、2013年6月理事 泉州営業部長、2015年6月執行役員 リスク統括部長、2018年6月より現職。

照会先

金融機構局金融高度化センター

Tel : 03-3277-2838(直通)

E-mail : caft@boj.or.jp