公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2018年 > 「日銀夏休み子ども特別見学会2018」を開催しました(8月6日<月>~10日<金>)

「日銀夏休み子ども特別見学会2018」を開催しました(8月6日<月>~10日<金>)

2018年8月16日
日本銀行


「日銀って何をしているところ?」「日銀ってどんなところ?」そのようなお子様の好奇心にお応えするため、日本銀行本店では「日銀夏休み子ども特別見学会2018」(協力:金融広報中央委員会)を開催しました。

昭和初期に竣工した本店旧館内部の一部や実際に窓口業務を行っている新館営業場などの見学ツアーにご案内しました。

また、体験学習として、小学校4年生~中学生のお子様と保護者向けのプログラムでは、「お札の偽造防止技術」や「お札の数え方」を学んでいただいたほか、一億円の重さも体験していただきました。参加者からは「普段では知ることのないお札の偽造防止技術を知ることができた」「貴重な体験ができ、親子ともども勉強になった」「自由研究の取り纏めに役立った」などといった声が聞かれました。

中学生向けのプログラムとしては、「金融政策を決めるのは、君だ!」と題して、金融政策決定会合の模擬体験をしていただきました。グループに分かれて架空の経済ニュースをもとに景気・物価とそれを踏まえた金融政策について議論し、最後には、実際の金融政策決定会合と同様に、議長が政策を提案、メンバーの多数決で金融政策を決定しました。参加者からは「金融政策を誰がどのように決めているのかを知ることができた」「経済ニュースについて考えることが初めてだったので新鮮だった」「金融政策や景気のことを考える良い経験となった」といった声が聞かれました。

次回の親子見学会の開催は春休み期間中を予定しております。どうぞご期待ください。

  • お札の偽造防止技術の体験学習において、参加者の親子がお札を透かして偽造防止の技術を確認している写真

    こんなところにも「すかし」があるんだね

  • お札の数え方の体験学習において、参加者のお子様が模擬のお札を難しそうに数えている写真

    お札を上手に数えられるようになりたいなあ

  • 一億円の重さ体験として、一万円札に見立てた模擬券で作成された一億円分のビニールパックを参加者のお子様が両手に持ち、笑顔を浮かべている写真

    1億円はずっしりと重たいなあ

  • 金融政策決定会合の模擬体験において、グループを代表した中学生審議委員を前に議長が政策を提案している写真

    グループを代表した中学生審議委員に対して議長が政策を提案

照会先

情報サービス局総務課総務企画グループ

Tel : 03-3277-2578