公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2018年 > BIS・CPMIとIOSCOによる市中協議文書「店頭デリバティブの主要データ項目のガバナンス・アレンジメント」の公表

BIS決済・市場インフラ委員会と証券監督者国際機構代表理事会による市中協議文書「店頭デリバティブの主要データ項目(固有取引識別子・固有商品識別子を除く)のガバナンス・アレンジメント」の公表について

2018年8月20日
日本銀行

BIS決済・市場インフラ委員会(CPMI)と証券監督者国際機構(IOSCO)代表理事会は、8月16日、市中協議文書「店頭デリバティブの主要データ項目(固有取引識別子・固有商品識別子を除く)のガバナンス・アレンジメント」(原題:Governance arrangements for critical OTC derivatives data elements (other than UTI and UPI))を公表しました。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

  • (注)市中協議における意見は、CPMI事務局およびIOSCO事務局に直接ご提出ください。詳しくは、プレス・リリースをご覧ください。