公表資料・広報活動

ホーム > 公表資料・広報活動 > 公表資料 2018年 > 学生向けコンテスト「第14回 日銀グランプリ」決勝大会(11月23日実施)について

学生向けコンテスト「第14回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」決勝大会の実施について

2018年11月1日
日本銀行

大学生の皆さんを主な対象とする金融・経済分野の小論文・プレゼンテーションのコンテスト「第14回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」には、全国の52大学から147編の応募がありました。大学数・応募論文数ともに過去最多となりました。

日本銀行では、書類審査により決勝進出チームおよびこれに次ぐ奨励賞チームを選定し、下記のとおり決勝大会を実施します。決勝大会では、論文内容にプレゼンテーションおよび審査員との質疑応答内容を加味して、最優秀賞・優秀賞等が選ばれます。

1. 日時

11月23日(金・祝)13:00~18:30

2. 会場

日本銀行本店(東京都中央区日本橋本石町2-1-1)

プレス公開で実施します。

3. 決勝進出チーム

麗澤大学、函館大学、東京経済大学、日本大学、東京大学の5チーム(別紙1

各チームがプレゼンテーション(15分)を行った後、審査員との間で質疑応答(15分程度)を行います。

なお、決勝進出には至らなかったものの、書類審査の結果、決勝進出チームに次ぐ上位にランクされた5チームを奨励賞として選定しました(別紙2)。

応募のあった学校名・氏名・論文のタイトルは別紙3の通りです。

4. 審査員

審査員長:
若田部 昌澄(日本銀行副総裁)
審査員:
佐藤 義雄(経済同友会副代表幹事、住友生命保険相互会社取締役会長 代表執行役)
橘・フクシマ・咲江(G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長)
鈴木 人司(日本銀行政策委員会審議委員)
片岡 剛士(日本銀行政策委員会審議委員)

5. 観戦

事前お申し込みにより観戦が可能です(別紙4)。

対象は、決勝進出チーム関係者のほか、大学生および大学教員の方とさせていただきます。

照会先

情報サービス局総務企画グループ

渡邊
Tel : 03-3277-1609(直通)

(別紙1)決勝進出チーム

表 決勝進出チーム(応募受付順、敬称略)
決勝進出チーム タイトル
沖名 祐一郎 (麗澤大学経済学部)
石川 拓実  (麗澤大学経済学部)
長土居 春輝 (麗澤大学経済学部)
金井 梨瑚  (麗澤大学経済学部)
I WALK
~歩いて始める資産運用~
高橋 綾花  (函館大学商学部)
渋田 友莉亜 (函館大学商学部)
未来の自分に投資しよう
―I-liifで金融学習・資産運用―
安部 一壽也 (東京経済大学経済学部)
笠倉 一樹  (東京経済大学経済学部)
樋口 拓郎  (東京経済大学経営学部)
深澤 広大  (東京経済大学経営学部)
所得控除連動型消費税免税マイナス金利デビットカード(免税カード)のすすめ
鬼澤 健太  (日本大学経済学部)
白井 夕貴  (日本大学経済学部)
田村 詩織  (日本大学経済学部)
中島 康裕  (日本大学経済学部)
高齢者をターゲットとした郊外型コンパクトシティ
和泉 貴也  (東京大学経済学部)
野村 果央  (東京大学経済学部)
吉田 起弥  (東京大学経済学部)
情報銀行×地銀
~地域情報の利活用が紡ぐ地方創生~

(別紙2)奨励賞チーム

表 奨励賞チーム(応募受付順、敬称略)
奨励賞チーム タイトル
谷本 雄太  (香川大学法学部)
原田 淳一  (香川大学法学部)
諏訪 太一  (香川大学法学部)
ロボアドバイザーとネット銀行を利用した任意後見制度改革の提言
木村 晃佑  (東京経済大学経済学部)
舘野 栞   (東京経済大学経済学部)
世坂 駿   (東京経済大学経済学部)
介護施設のアモーレ
~KAIGO銀座商店街~
榎本 千春  (日本大学経済学部)
大見 陽介  (日本大学経済学部)
土屋 智人  (日本大学経済学部)
橋本 実季  (日本大学経済学部)
アウトレットで食品ロスを削減
~環境債で地球を救え!!~
元廣 京哉  (山口大学経済学部)
長友 進悟  (山口大学経済学部)
田中 荘太朗 (山口大学経済学部)
柴垣 慶太郎 (山口大学経済学部)
地域医療とリース業
安藤 新人  (京都府立医科大学医学部)
磯邉 綾菜  (京都府立医科大学医学部)
在宅医療のプライマリ・ケア化による医療費の削減策

(別紙3)

(別紙4)決勝観戦のお申し込みについて

決勝観戦をご希望する方は、以下の要領に沿ってお申し込み下さい。

対象は、決勝進出チーム関係者(注1)のほか、大学生(注2)および大学教員の方とさせていただきます。

  • (注1)18歳以上の方。
  • (注2)短大および専修学校専門課程に在籍の方も含む。

(1)お申し込み方法

観戦ご希望の方は、別添の申込用紙 [Wordファイル(29KB)] に必要事項をご記入のうえ、電子メールまたはFAXにより以下の宛先までお申し込み下さい。

グループ単位(ゼミメンバー等)でのお申し込みも可能です。

宛先

日本銀行情報サービス局総務企画グループ
「日銀グランプリ」事務局
E-mail:post.prd3@boj.or.jp
FAX:03-5203-8703

件名

「日銀グランプリ」決勝観戦申込

受付期間

11月1日(木)~11月10日(土)<必着>

定員

70名(先着順にて受け付け、定員に達し次第締め切らせていただきます。申し込み多数の場合はご参加いただけない場合がございますので予めご了承下さい。)

(2)観戦受付票の発行

(1)によりお申し込みいただいた方には、受付票を電子メールまたはFAXでお送りいたします(申し込み多数により観戦いただけない方にはその旨ご連絡差し上げます)。

決勝当日は、同受付票(代表者のみ)およびご本人であることが確認できる顔写真付の身分証明書(学生証、運転免許証等)(全員)をご持参のうえ、日本銀行本店中央玄関受付(北門より入館)までお越し下さい(12:20受付開始、13:00開会)。受付カウンターがございますので、「日銀グランプリ決勝観戦」の旨をお申し出下さい。

(3)その他

駐車場のご用意がありませんので、当日は公共交通機関でご来場下さい。