金融システム

ホーム > 金融システム > 金融高度化センター > 金沢で金融高度化セミナー「リスク管理と内部監査―3線モデルの構築」を開催

金沢で金融高度化セミナー「リスク管理と内部監査―3線モデルの構築」を開催

2019年9月17日
日本銀行金融機構局
金融高度化センター

日本銀行 金融機構局 金融高度化センターでは、9月3日(火)・4日(水)の両日、金沢にて、独立取締役とサポート部門等を主な対象にした金融高度化セミナーを開催しました。

9月3日(火)の「ガバナンス改革の実践─リスクアペタイト・フレームワーク構築のポイント」では、わが国のガバナンス改革に関する論点を整理するとともに、グローバル水準のガバナンス改革を実現しはじめたフロント・ランナーの取組みを紹介しました。今回は、大手金融機関だけではなく、地域金融機関においても取組みがはじまったリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)構築のポイントに焦点をあてて、3月13日、東京にて開催された第1回ガバナンス・ワークショップ「ガバナンス改革とリスクアペタイト・フレームワークの構築 ― 持続可能なビジネスモデルの確立に向けて ― 」で収録した講演、パネル・ディスカッション等の模様を上映して参加者の皆様と意見交換を行いました。

9月4日(水)の「リスク管理と内部監査―3線モデルの構築」では、金融機関のリスク管理、内部監査の基礎的事項を整理するとともに、取締役会が効果的な監督を行うためには、独立取締役、リスク管理部門、内部監査部門それぞれに何が求められているのかを説明しました。

セッションC

セッションD

セッションE

参考資料

講師プロフィール

碓井企画役の写真

日本銀行 金融機構局 金融高度化センター 企画役

碓井 茂樹

1983年日本銀行入行。福岡支店、考査局を経て、2006年より現職。

照会先

金融機構局金融高度化センター

Tel : 03-3277-1135
E-mail : caft@boj.or.jp