日本銀行本店

国際的な取組み(金融システム)

ホーム > 金融システム > 国際的な取組み(金融システム):バーゼル銀行監督委員会

ENGLISH

国際的な取組み(金融システム):バーゼル銀行監督委員会

日本銀行は、国際金融危機の発生や拡大を防止し、金融システムの安定確保を図る観点から、海外の中央銀行、銀行監督当局や国際機関とも日常的に連携・協力しています。具体的には、バーゼル銀行監督委員会等において、自己資本比率規制を含む国際的な金融規制の策定に向けた議論に関与・参画しています。

バーゼル銀行監督委員会

自己資本規制等

掲載日 資料名
2016年11月22日バーゼル銀行監督委員会が「グローバルなシステム上重要な銀行(G-SIB)の選定に関する詳細」を公表 

リスク管理・監督・セーフティネット

掲載日 資料名
2016年 4月18日バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書「不良債権と条件緩和の定義」の公表について 

会計・監査・開示・企業統治

掲載日 資料名
2016年10月14日バーゼル銀行監督委員会による市中協議文書およびディスカッション・ペーパー「自己資本規制上の引当金の取扱い」の公表について(2016年10月28日、説明資料追加掲載) 

ジョイント・フォーラム

掲載日 資料名
2015年 6月 4日ジョイント・フォーラムによる「各業態における信用リスク管理の進展:現状と提言」の公表について 

その他

掲載日 資料名
2016年 8月19日金融安定理事会、バーゼル銀行監督委員会、BIS決済・市場インフラ委員会、証券監督者国際機構によるCCP作業計画に係る進捗報告書の公表について 

BISホームページへのリンク

ページ先頭に戻る