国際金融 

ホーム > 国際金融 > 国際金融に関連する論文等の一覧

国際金融に関連する論文等の一覧

論文等の一覧
掲載日 タイトル
2018年 9月21日 中国の企業部門における生産性と経済成長―上場企業データを用いた検証― 
2018年 4月11日 株式リターンのグローバル共動性:傾向と決定要因 
2017年 6月 9日 グローバルな国債レポ市場の動向 
2017年 5月26日 「グローバル外為行動規範」最終版の公表― グローバルに単一の外為行動規範の策定と遵守促進に向けた取り組み ― 
2016年11月11日 原油価格の変動要因と世界経済への影響:期待と金融要因の役割 
2016年10月20日 スロー・トレード:世界貿易量の伸び率鈍化 
2016年 8月15日 2015年の国際収支統計および2015年末の本邦対外資産負債残高 
2016年 7月15日 新興国米ドル建て社債発行スプレッドの分解と解釈 
2016年 6月17日 外国為替市場における「グローバルな行動規範」の整備―外国為替市場の健全な発展と市場機能の強化に向けた取り組み― 
2016年 6月10日 本邦外国為替証拠金(FX)取引の最近の動向 
2016年 5月25日 米欧諸国におけるフィリップス曲線のフラット化―背景に関する3つの仮説― 
2016年 5月10日 わが国における最近の国際収支動向とその特徴点―国際収支統計の改訂・拡充を踏まえて― 
2016年 5月 9日 人民元国際化について―これまでの取り組みと評価を中心に― 
2016年 3月28日 先進国における労働生産性の伸び率鈍化 
2015年12月21日 「デジタル通貨」の特徴と国際的な議論 
2015年 8月10日 2014年の国際収支統計および2014年末の本邦対外資産負債残高 
2015年 7月30日 通貨プレミアムを計測する新手法 
2015年 6月 5日 外国為替市場の信頼性向上に向けたイニシアチブ ―Code of Conduct(行動規範)の整備や国際的調和の取り組み― 
2015年 3月18日 レポ市場のさらなる発展に向けて 
2015年 1月14日 外国為替市場におけるヘッジファンド:市場構造や価格形成へのインプリケーション 
2014年 7月28日 最近の外国為替市場の構造変化 
2014年 6月19日 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:資金循環統計を用いた事実整理 
2014年 6月19日 日本銀行の国債買入れに伴うポートフォリオ・リバランス:銀行貸出と証券投資フローのデータを用いた実証分析 
2014年 5月30日 2013年末の本邦対外資産負債残高 
2014年 2月28日 2013年の国際収支(速報)動向 
2013年11月26日 金融経済のグローバル化の下での米国金融政策の他国への波及効果に関する実証研究 
2013年10月 8日 国際収支関連統計の見直しについて 
2013年 9月20日 購買力平価を利用したわが国のインフレ予想の計測の有用性について 
2013年 8月28日 リーマン・ショック直後の円高の定量的解釈―スケープゴート・モデルによるアプローチ― 
2013年 5月31日 2012年末の本邦対外資産負債残高 
2013年 5月 8日 ゼロ金利下におけるタームプレミアムの推計:日米英の長期金利の分析 
2013年 5月 2日 2012年の国際収支動向 
2013年 4月15日 リスク資産間のクロス・アセット相関の高まり 
2013年 1月18日 外国為替市場における取引の高速化・自動化:市場構造の変化と新たな論点 
2012年 7月17日 米国家計のバランスシート問題の動向 
2012年 5月31日 2011年末の本邦対外資産負債残高 
2012年 5月30日 長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解 
2012年 4月20日 最近の中国住宅市場の動向について 
2012年 4月20日 2011年の国際収支動向 
2012年 3月 8日 「グローバル流動性」について ― BISグローバル金融システム委員会の報告書をもとに ― 
2012年 1月26日 安全資産の需給と国債の希少性プレミアム 
2011年 9月 9日 中国における経済成長のリバランスについて 
2011年 9月 9日 国債価格および為替相場変動の非対称性 
2011年 8月10日 流動性供給に関するグローバル・ゲーム分析 
2011年 8月10日 アジア金融市場の連関:マクロと金融の不一致 
2011年 7月13日 中国経済成長のリバランス:日本の経験に基づく洞察 
2011年 5月27日 国際商品市況変動の要因分解と市場間連動の背景 
2011年 5月26日 2010年末の本邦対外資産負債残高 
2011年 3月18日 2010年の国際収支(速報)動向 
2011年 3月 4日 最近の国際商品市況上昇の背景 ― 世界的に緩和した金融環境とコモディティの金融商品化の影響 ―