金融政策

ホーム > 金融政策 > 金融経済月報 2005年 > 金融経済月報(基本的見解)(2005年 1月)

金融経済月報(基本的見解1)(2005年 1月)2

  1. 本「基本的見解」は、1月18日、19日開催の政策委員会・金融政策決定会合で決定されたものである。
  2. 本稿は、1月18日、19日に開催された政策委員会・金融政策決定会合の時点で利用可能であった情報をもとに記述されている。

2005年 1月19日
日本銀行

 わが国の景気は、生産面などに弱めの動きがみられるものの、基調としては回復を続けている。

 輸出が横ばい圏内で推移する中で、IT関連分野の在庫調整などから、生産に弱めの動きがみられる。一方、設備投資をみると、企業収益が改善するもとで、引き続き増加傾向にある。また、雇用面での改善傾向が続き、雇用者所得も下げ止まる中で、個人消費は底堅く推移している。この間、住宅投資は横ばい圏内で推移しており、公共投資は減少している。

 先行きについても、景気は回復を続けていくとみられる。

 すなわち、当面はIT関連分野の在庫調整の影響が残ると予想されるが、海外経済の拡大が続き、内需も増加を続けるもとで、輸出や生産は、基調的には増加していくとみられる。企業の過剰設備・過剰債務などの構造的な調整圧力も和らいできている。また、企業の人件費抑制姿勢は引き続き根強いとみられるが、企業収益の増加や雇用過剰感の緩和が続くもとで、雇用者所得は緩やかな増加に向かう可能性が高い。この間、公共投資は、基調としては減少傾向をたどると見込まれる。

 なお、IT関連需要や原油価格の動向と、その内外経済への影響については、引き続き留意する必要がある。

 物価の現状をみると、国内企業物価は、原油高の一服等により、上昇テンポが幾分緩やかになっている。消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、小幅のマイナスとなっている。

 物価の先行きについて、国内企業物価は、商品市況の騰勢一服を受けて、目先、頭打ちとなる可能性が高い。一方、消費者物価の前年比は、需給環境が改善方向にあるとは言え、当面なお緩和した状況が続くもとで、小幅のマイナスで推移すると予想される。

 金融面をみると、企業金融を巡る環境は、総じて緩和の方向にある。CP・社債の発行環境は良好な状況にあるほか、民間銀行の貸出姿勢は緩和してきている。企業からみた金融機関の貸出態度も引き続き改善している。この間、民間の資金需要は回復方向の動きに足もと一服感がみられる。こうしたもとで、民間銀行貸出も、基調として回復傾向をたどる中で、このところ減少幅が横ばいとなっている。一方、CP・社債の発行残高は引き続き前年を上回って推移している。こうした中、マネタリーベースの伸び率は前年比4%台で推移しており、マネーサプライは前年比2%程度の伸びとなっている。なお、銀行券発行残高の伸び率は前年比2%台となっている。金融市場の動きをみると、日本銀行による潤沢な資金供給のもとで、短期金融市場ではきわめて緩和的な状況が続いている。為替・資本市場では、円の対ドル相場および株価は前月と比べ上昇しているが、長期金利は前月と概ね同じ水準となっている。

 わが国の景気は、IT関連財の生産・在庫面での調整が予想より深まったこともあって、昨年10月の「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)で示した「経済・物価情勢の見通し」(注)に比べ、幾分下振れて推移した。先行きについては、海外経済が拡大基調を続ける中で、春以降、IT関連財の調整が一巡すると見込まれることから、「景気は回復を続け、次第に持続性のある成長軌道に移行していく」という「見通し」に概ね沿った動きとなると予想される。物価面では、国内企業物価は、10月の「見通し」に沿って推移するとみられる。消費者物価についても、基調としては10月の「見通し」に沿って推移するとみられるが、固定電話通信料引下げの指数面への影響等によっては、やや下回って推移する可能性がある。

  • 昨年12月、GDPデフレーターは連鎖方式に移行された。昨年10月の展望レポートでは、固定基準年方式に基づいて、実質GDPに関する政策委員の見通しを公表しているが、連鎖方式に比べ1%強高めになると想定していた。したがって、政策委員見通しの中央値を連鎖方式で読み替えるとすれば、2004年度は2%台半ば、2005年度は1%台半ばとなる。

以上