日本銀行本店

国庫金に関する業務

ホーム > 銀行券/国庫・国債 > 国庫金に関する業務

ENGLISH

国庫金に関する業務

日本銀行は、国の資金を政府預金として預かっています。こうした国の資金は国庫金と呼ばれます。

日本銀行は、国庫金の出納・計理、政府預金の管理および政府有価証券の受払・保管などの事務を取扱っています。国庫金には、国が国民から税金や社会保険料などとして受入れるもの、国から公共事業費や年金などとして支払われるものなどがありますが、こうした国庫金の受払を政府預金として計算整理するとともに、官庁別・会計別区分にしたがって集計・計理を行い、各官庁との照合を行います。また、国が受入れた有価証券の受払・保管も行っています。

国庫金の出納事務については、国民の皆さんや全国各地の官庁の利便を図るため、国庫金の受払を行う代理店を全国の金融機関に委嘱しています。これにより国庫金の大半は、こうした代理店を通じて受払が行われています。

日本銀行では、利用者の方の利便性の向上と事務の効率化を目的に、国庫金の受払事務の電子化を進めています。

ページ先頭に戻る