調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 金融市場レポート > 金融市場レポート(追録) 短期金融市場の機能向上に向けた意見募集の結果

金融市場レポート(追録) 短期金融市場の機能向上に向けた意見募集の結果

2007年6月26日
日本銀行金融市場局

全文ダウンロード

はじめに

 日本銀行は、本年2月から、約半年間のプロジェクトとして短期金融市場の機能向上に取り組んでいます。

—— 詳細は、2月13日公表の「短期金融市場の機能向上への取組み」を参照。

 3月1日には、課題の洗い出しを行うため、多数の市場参加者の参加を得て、「短期金融市場フォーラム」を開催し、意見交換を行いました。多岐に亘る論点が呈示されましたが、(1)レポ市場、(2)T+0の資金市場、(3)ターム物市場、(4)短期金利デリバティブ市場の機能向上に期待する意見が比較的多く出されました。

—— 同フォーラムにおける議論の概要と、市場参加者および日本銀行の説明資料については、「短期金融市場フォーラム」を参照。

 4月には、同フォーラムでの議論も参考にして頂いた上で、より幅広い市場参加者からの意見募集を行いました(募集期間:4月4日〜4月20日)。また、この意見募集に併せて、日本銀行の金融調節取引先やその他の主要な市場参加者(生命保険会社や投資信託委託会社など)168先に対しては、上記(1)〜(4)の論点をさらに掘り下げていくため、取引の実情や問題点、対応策を具体的にお伺いする追加的な調査(以下「市場参加者サーベイ」)を実施しました。

 本レポートは、これらの結果を取り纏めたものです。なお、別紙では、市場参加者から頂いたご意見を掲載させて頂いています。極めて多数の、熱心なご意見を頂いており、これを取り纏めた本レポートだけではなく、生の意見をお示しすることが、立場の違いによる意見の相違・広がりを理解したり、将来のヒントになる考え方を得たりするうえで、極めて有益と考えられるためです。

 日本銀行は、この結果が、市場参加者間の認識の共有や、個社の対応を検討していく際の参考として役立つことを期待しています。また、日本銀行自身の今後の「取組み」に役立てていく方針です。

以上

本件に関する照会先

日本銀行金融市場局

高口(03-3277-1244、hirohide.kouguchi@boj.or.jp