調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 地域経済報告(さくらレポート) > 地域経済報告 (2006年7月)

地域経済報告 (2006年7月)*

  • 本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに記述されている。
    なお、記述内容は支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものであり、必ずしも日本銀行全体の統一した見解ではない。

2006年7月6日
日本銀行

全文の目次

  • I.各地域からの報告のポイント
  • II.地域の視点
  • <参考1>地域別金融経済概況
  • <参考2>地域別主要指標

本件照会先

調査統計局 地域経済担当

清水(Tel.03-3277-2649)

I.各地域からの報告のポイント

 各地域の取りまとめ店の報告によると、足もとの景気は、ほとんどの地域で引き続き拡大あるいは回復方向の動きとなっており、全体として着実な回復が続いている。

 すなわち、個人消費は地域差がみられるものの全体として底堅い中で、設備投資が全地域で増加傾向にあるほか、住宅投資、輸出も多くの地域で水準を引き上げている。こうした最終需要の動きを背景に、生産の増加が続いており、全体として、着実な景気回復の動きが続いている。ただ、東海や近畿では景気が「拡大」している一方で、北海道では「持ち直しの動きに足踏み感がみられている」など、依然として地域間でばらつきがみられている。

 なお、4月の支店長会議時と比べると、総括判断は、全9地域のうち、7地域で総括判断を現状維持としている。こうした中で、東北が設備投資の高まりや生産の増加を背景にやや上方修正している一方、北海道では、個人消費の回復感の乏しさから、やや下方修正している。

表 各地域からの報告のポイント
  4月判断 判断の変化 7月判断
北海道 緩やかながらも持ち直しの動きが続いている 判断の変化 持ち直しの動きに足踏み感がみられている
東北 緩やかに持ち直している 判断の変化 緩やかに回復している
北陸 着実に回復している 判断の変化 着実に回復している
関東甲信越 着実に回復を続けている 判断の変化 着実に回復を続けている
東海 拡大している 判断の変化 拡大している
近畿 拡大を続けている 判断の変化 拡大を続けている
中国 全体として回復を続けている 判断の変化 全体として回復を続けている
四国 緩やかながら持ち直しの動きが続いている 判断の変化 緩やかながら持ち直しの動きが続いている
九州・沖縄 着実に回復している 判断の変化 回復を続けている

 個人消費は、関東甲信越、東海、近畿で緩やかな「増加」あるいは「回復」と判断しているほか、その他のほとんどの地域でも「底堅さ」や「持ち直し」が報告されている。この間、北海道では、雇用者所得の改善が遅れていることなどから、「回復感が乏しい状況」にある。

 主な個別の指標をみると、乗用車販売は、このところ弱い動きとなっている。家電販売は、薄型テレビ等のデジタル家電や高付加価値の白物家電を中心に、「増加」ないしは「堅調」な地合いが続いている。大型小売店の売上は、4〜5月には天候不順等を背景として衣料品を中心に減少したが、ブランド品などの身の回り品や雑貨が増加しており、基調としては底堅い動きとなっている。この間、観光は幾つかの地域で観光客数が前年を上回っているとしているほか、旅行取扱高も、夏休み期間中の予約を含めて堅調に推移している、との報告がみられている。

 前回報告との比較では、北海道が判断をやや下方修正している。

 設備投資は、内外需要の好調や高水準の企業収益を背景に、すべての地域で、引き続き増加傾向にある。

 前回報告との比較では、東北が判断を上方修正したほか、北陸、関東甲信越、近畿が判断をやや上方修正した。

 生産は、ほとんどの地域が「増加」あるいは緩やかに「増加」、「回復」と判断している。この間、北海道では「緩やかに持ち直し」としている。

 業種別の特徴をみると、加工業種では、デジタル家電向けや携帯電話向け等の電子部品・デバイスや電気機械、輸出向けを中心とする自動車関連などの輸送機械が増加を続けている。この間、素材業種では、鉄鋼では増加の動きがみられている一方、繊維は低操業が続いており、業種間でばらつきがみられる。

 前回報告との比較では、東北が判断を上方修正したほか、四国が判断をやや上方修正している。

 雇用・所得環境をみると、労働需給については、生産水準の引き上げ等を背景に新規求人が増えるなど、すべての地域で改善の動きが続いている。もっとも、東海の「有効求人倍率が高水準で推移」から北海道の「厳しいながらも改善の動き」まで、地域間の格差は引き続き大きい。所得面では、多くの地域で労働需給の改善や高水準の企業収益などを背景に、程度の差はあるものの、「増加」あるいは「改善」と判断している。一方、北海道が「やや弱めの動き」、東北が「低調に推移」としている。

 前回報告との比較では、全ての地域で前回判断が維持されている。

需要項目等

表 需要項目等
  個人消費 設備投資 生産 雇用・所得
北海道 回復感に乏しい状況にある 底堅く推移している 緩やかに持ち直している 雇用情勢については、厳しい状況ながらも改善の動きが続いている。雇用者所得は、やや弱めの動きとなっている
東北 底堅く推移している 増加している 増加している 雇用情勢をみると、労働需給は引き続き改善傾向にある。雇用者所得は、全体として低調に推移している
北陸 持ち直し傾向をたどっている 高水準の前年を上回る増加を見込んでいる 引き続き増加傾向にある 雇用情勢をみると、引き続き改善基調をたどっている。雇用者所得は、改善している
関東甲信越 緩やかな増加基調にある 着実に増加している 緩やかな増加傾向が続いている 雇用情勢は、引き続き改善している。雇用者所得は、緩やかな増加を続けている
東海 緩やかに回復している 着実な増加を続けている 着実に増加している 雇用情勢をみると、有効求人倍率も高水準で推移しており、常用労働者数も増加している。雇用者所得は、改善している
近畿 全体として緩やかに増加している 大幅に増加している 増加している 雇用情勢は、改善している。雇用者所得は、増加に転じている
中国 持ち直している 高水準となっている 増加傾向にある 雇用情勢は、改善の動きが続いている。雇用者所得は、緩やかな増加傾向にある
四国 全体として底堅く推移している 製造業を中心に回復している 緩やかに回復している 雇用情勢は、緩やかな改善の動きを続けている。雇用者所得は、全体として緩やかに回復しつつある
九州・沖縄 基調として緩やかに持ち直している 高水準で推移している 増加している 雇用情勢は、緩やかな改善傾向が続いている。雇用者所得面をみると、引き続き前年を上回っている