調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2003年 > 国際収支統計における旅行収支の計上方法の見直しについて

国際収支統計における旅行収支の計上方法の見直しについて

2003年 7月10日
日本銀行国際局

 以下には、(はじめに)を掲載しています。全文は、こちら (ron0307a.pdf 42KB) から入手できます。

はじめに

 財務省・日本銀行は、わが国の国際収支統計を作成するに当り、その基幹項目の一つである旅行収支について計上方法を見直すこととした。2003年1~3月確報、5月速報から、新しい計上方法による計数となっている。今回の見直しのポイントは、訪日外国人へのアンケート調査に基づき、外国人がわが国に持ち込む日本円(以下では、円貨と呼ぶ)等に関するデータを収集し、旅行収支の受取・支払双方に、わが国に持ち込んだ円貨やわが国から持ち出す円貨などを反映したことである。本稿では、見直しの背景、細目について解説する。