調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2013年 > (論文)2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

2008SNAを踏まえた資金循環統計の見直し方針

ご意見のお願い

2013年10月17日
日本銀行調査統計局

日本銀行では、国連統計委員会において2009年に採択された国民経済計算体系にかかる作成基準(System of National Accounts 2008、以下2008SNA)を踏まえた「資金循環統計」の見直しを、検討しています。

これまでも、日本銀行は、資金循環統計をよりよい統計とするべく、1999年に、その時点の最新の作成基準(System of National Accounts 1993)を踏まえた見直しを行ったほか、随時、部門分類の見直しや基礎資料の拡充を踏まえたデータ系列の拡充等を進めてきました。今般、2008SNAの提言を踏まえ、この間の基礎資料の拡充や推計手法の改善に努めてきた成果も織り込みつつ、検討を進めてきた見直し方針について、広く皆様のご意見を募集することにしました。

つきましては、以下の見直し方針をご一読のうえ、ご意見・ご提案がありましたら、2014年1月20日までに、下記までお寄せ頂きたく存じます。私どもでは、頂いたご意見等を踏まえて、最終的な見直し内容を決定したいと考えております。

なお、最終的な見直し内容は、後日、公表する予定です。公表の際には、本見直し方針に対して皆様から頂戴したご意見等についても、併せてご紹介する予定です。匿名をご希望の方は、ご意見をお寄せ頂く際に、その旨をお書き添え下さいますようお願い致します。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行調査統計局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。

返信先

  1. (1)郵送 : 〒103-8660 東京都中央区日本橋本石町2-1-1
  2. (2)E-mail : post.rsd5@boj.or.jp

(件名「資金循環統計の見直しに関する件」)

照会先

調査統計局経済統計課金融統計グループ

Tel : 03-3279-1111(内線3951)