調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2014年 > (論文)企業向けサービス価格指数・2010年基準改定の最終案

企業向けサービス価格指数・2010年基準改定の最終案

2014年2月7日
日本銀行調査統計局

日本銀行は、昨年5月、企業向けサービス価格指数の基準改定(現行の2005年基準指数から2010年基準指数への移行)の基本方針(以下、「基本方針」)を公表し、皆様からのご意見を広く募集しました1。これに対し、各方面から貴重なご意見を多数いただくことができました。皆様には、この場をお借りし、あらためて深く御礼申し上げます。

本稿では、いただいたご意見の概要を紹介しつつ、それらも踏まえて「基本方針」を再検討した結果として、今回の基準改定の最終案を提示します。今後は、最終案に沿って作業を進め、現時点の見込みでは、本年夏頃に2010年基準指数への移行を実施することを予定しています。

  1. 「企業向けサービス価格指数・2010年基準改定の基本方針」(2013年5月16日、日本銀行調査統計局)

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行調査統計局までご相談ください。
転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。

照会先

調査統計局物価統計課

Tel : 03-3279-1111(内線4086)