調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2016年 > (論文)製造業部門別投入・産出物価指数2011年基準改定結果

製造業部門別投入・産出物価指数2011年基準改定結果

――改定結果の概要と2011年基準指数の動向――

2016年6月17日
日本銀行調査統計局

日本銀行では、製造業部門別投入・産出物価指数(以下、IOPI)の基準改定作業を進めてまいりましたが、このほど終了しましたので、6月28日に公表を予定している製造業部門別投入・産出物価指数の5月速報から、2011年基準指数の公表を開始します。本稿では、2011年基準指数について、基準時とウエイト参照年次の変更、分類編成の変更、価格データの充実によるカバレッジ引き上げと指数精度の向上などについて説明します。

なお、本稿で紹介するIOPIを活用した製造業の採算環境把握の分析例(「交易条件指数」ならびに「単位付加価値指数」)の試算に用いたファイルを参考資料として掲載します。

時系列統計データ検索サイトでは、本日より2011年基準の2011年1月~2015年12月指数、接続指数の利用が可能です。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合には、予め日本銀行調査統計局までご相談ください。
転載・複製を行う場合には、出所を明記してください。

照会先

調査統計局物価統計課

Tel:03-3279-1111