調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 日本銀行レポート・調査論文 > 調査論文 2018年 > (論文)「卸売サービス価格指数」の作成方法について

「卸売サービス価格指数」の作成方法について

2018年5月22日
日本銀行調査統計局

要旨

卸売サービスは、日本銀行調査統計局が毎月作成・公表している「企業向けサービス価格指数(SPPI)」がカバーしていないサービス分野の中で、取引規模が最も大きい分野である。このため、日本銀行では、卸売サービス価格の調査手法を検討することを目的として、2014年に試験調査を開始し、実務ノウハウの蓄積に努めてきた。こうしたなか、近年、「国民経済計算(いわゆるGDP統計)」の推計精度向上のためにサービス部門の統計整備ニーズが一段と高まってきたこともあり、日本銀行では、今般、「卸売サービス価格指数」の本格的な開発に着手し、2019年央の公表を目指して準備を進めている。

本稿では、現在、検討を進めている卸売サービス価格指数の作成方法を詳しく説明するほか、現時点で得られたデータを用いた試算値を示す。

日本銀行から

本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行調査統計局までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。

照会先

調査統計局物価統計課

E-mail : post.rsd3@boj.or.jp