調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 金融研究所論文 > 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ > 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ(2018年収録分)

金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ2018年収録分

日本銀行金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ(DPS)は、金融研究所スタッフおよび外部研究者による研究成果をとりまとめたもので、学界、研究機関等、関連する方々から幅広くコメントを頂戴することを意図しています。ただし、論文の内容や意見は、執筆者個人に属し、日本銀行あるいは金融研究所の公式見解を示すものではありません。

タイトルをクリックすると論文の要約が掲載されています。

表 金融研究所ディスカッション・ペーパー・シリーズ
No./主なジャンル 著者 タイトル/キーワード 年月日 全文 (PDF)
2018-J-3/ファイナンス 大橋和彦 マイナス金利環境におけるファイナンス:課題と研究の潮流
/マイナス金利、量的・質的金融緩和、金利モデル、情報発信と市場の反応、テキスト・マイニング、市場の安定性
2018-02-09 770KB
2018-J-2/情報技術 清藤武暢、四方順司 量子コンピュータが共通鍵暗号の安全性に与える影響
/暗号利用モード、共通鍵暗号、耐量子計算機暗号、量子コンピュータ
2018-01-22 1,449KB
2018-J-1/会計 ワークショップ「債務契約における会計情報の役割」の模様
/債務契約、会計情報の事前的役割、会計情報の事後的役割、会計情報の質、IFRS、メインバンク、財務制限条項
2018-01-15 737KB