調査・研究

ホーム > 調査・研究 > 分析データ > 基調的なインフレ率を捕捉するための指標

基調的なインフレ率を捕捉するための指標

物価動向の分析にあたっては、現実に観測される消費者物価の動きから、様々な一時的要因の影響を取り除いた、基調的なインフレ率(いわゆる「コア指標」)がよく利用されています。その際には、特定のコア指標に依存するのではなく、様々なコア指標を総合的にみていくことによって、基調的な物価変動をより的確に把握することができると考えられます。

このため、日本銀行調査統計局では、毎月の全国消費者物価指数の公表に合わせて、上昇・下落品目比率、刈込平均値、最頻値、加重中央値を試算し、原則として、全国消費者物価指数の公表日の2営業日後の14時を目途に公表しています。

それぞれのコア指標の作成方法やその特性などの詳細については、以下の日銀レビューをご参照ください。

分析データ

掲載日 資料名 データ
2017年 5月30日 図表  [PDF 110KB]
2017年 5月30日 データ  [XLSX 46KB]

基準改定関連

2016年 8月15日
消費者物価指数の基準改定が総合(除く生鮮食品・エネルギー)に与える影響 [PDF 43KB]

解説・関連資料

日銀レビュー・シリーズ

消費税調整

見直し等のお知らせ

2017年 2月 9日
分析データ「基調的なインフレ率を捕捉するための指標」の公表系列・公表日程の変更 

日本銀行から

本ページに掲載している図表およびデータは、日本銀行が行う調査分析の一部について、金融経済に関心を有する幅広い利用者を対象に情報提供するものであり、予告なく変更、改訂、中止することがあります。
商用目的で転載・複製を行う場合(引用は含まれません)は、日本銀行調査統計局までご相談ください。
引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。

照会先

調査統計局経済調査課景気動向グループ

Tel : 03-3277-1120